WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

無意識に「上から目線」になっていませんか?上から目線な人の特徴や直し方。

f:id:WAKATU:20220417222231j:plain

知らず知らずのうちに上から目線な物言いになっていませんか?上から目線な物言いは、人を傷つけ、自分の評価を下げてしまいます。上から目線な物言いの具体例を挙げ、そうならないための対策を紹介しています。

デメリットしかない上から目線な物言い

 「えっ!知らなかったの?」「だから言ったじゃないの!?」‥

 知らず知らずのうちに、上から目線な物言いになっていませんか?

 職場でも、プライベートでも、上から目線な物言いには気を付けたいものです。何気なく放った一言が、人を傷つけることになります。

 普段から上から目線な人は、周囲から、うるさくて、面倒くさい人というレッテルを貼られています。

  上から目線な物言いは、自分の評価を落とします。

こういう言い方は上から目線

「えっ!知らなかったの?」

 あなたは無知ですね。と嘲笑うかのような言い方です。言われた方は、バカにしているのかとカチッとくることもあります。

「だから、ダメなんですよ!」「だから言ったじゃないの!」

 些細なミスであっても、ここぞとばかりに、このように言ってくる人がいます。言われた方は、トラウマになることもあります。

「俺だったら(私だったら)、〇〇するけどな」

 こちらがアドバイスを求めていないのに、自慢するように言ってくる人がいます。

 言われた方は、小馬鹿にされているようで、不快な気分になります。

 

※上から目線な言い方は、こんなところにも悪影響。ママ友から嫌われてしまう人の特徴について解説しています。

 

www.wakatusmile.com

 

本日のまとめ

①上から目線な物言いは、人を傷つけるだけでなく自分の評価も下げる。

・普段から意識しておかないと、知らず知らずのうちに、上から目線になっていることもある。

②注意したい3つの物言い。

・「えっ!知らなかったの?」

・「だから、ダメなんですよ!」「だから言ったじゃないの!」

・「俺だったら(私だったら)、〇〇するけどな」

③人を上下の関係だけで捉えない。

・普段、自分より下と思っている相手には、自然と上から目線な物言いになる。「言葉は心の使い」