WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【気づいていない】「えっ、知らなかったの?」は人を傷つける。傲慢な人の特徴と接し方を解説。

 

傲慢な人

皆さんの周りに、傲慢な人はいませんか?上から目線で否定的、自分の意見を押し付けてくるといった人です。傲慢な人の特徴や接し方を解説し、傲慢な人が良く使うセリフを紹介しています。

 

傲慢な人の特徴とは?

プライドが高い

 自分のプライドが一番大事なため、それがズタズタにされそうなときは、平然と人のせいにします。

 プライドが高い人の中には、理想を求め努力をする人もいますが、傲慢な人は、単にプライドが高いだけです。

他人を見下している

 傲慢な人は自分が一番すごいと考えているため、周囲の人を見下しています。

 人よりも優れていると思い込んでいるため、自分よりも下の人が、ミスを犯したときには徹底的に批判をします。

 結果的に人を馬鹿にしたり、惨めな思いをさせていることに、全く気づいていません。

自分と違う価値観を受け入れない

 自分が一番正しいと思っているため、自分以外の人の価値観を受け入れません。

 例え、間違ったことに気づいたとしても、プライドが高いため、間違っていることを受け入れることができず、頑なに自分の価値観を通そうとします。

傲慢な人が発する一言

    傲慢な人がよく使っている、人を傷つけるフレーズを6つ紹介します。

えっ、知らなかったの?

 「あなたは無知ですね」と嘲笑うかのような言い方です。言われた側は、馬鹿にされているように感じます。

だからダメなんだよ

 些細なミスであっても、ここぞとばかりに言ってきます。言われた側は、トラウマになることもあります。

俺(私)だったら、〇〇するけどな」

 こちらがアドバイスをしていないのに、自慢するように言ってきます。言われた側は小馬鹿にされた気分になります。

違うでしょ

 理由もなく、一言で、全否定してくる人がいます。否定されてしまうと、これ以上、話すことができなくなります。

そうだよ

 そんなこと分かっているという意味の言葉です。これまで、熱心に話したことを否定された気分になります。

それが、なにか?

 あきれて、ものも言えないというニュアンスの言葉です。言われた側は、人とのコミュニケーションに自信を無くしてしまう人もいます。

※上から目線な人についての詳細は⇓

 

wakatu.hatenablog.com

 

傲慢な人との接し方

褒めて、相手を立てる

 劣等感やコンプレックスを隠すために、大きな態度をとっていることがあります。

    自分に自信がないため、自分を認めてくれる人には強い態度はとりません。

 「凄いですね」「さすがですね」というように、わかりやすい言葉で、立ててあげるとよいでしょう。

間違いを指摘したり、反論をしない

 傲慢な人は自分が正しいと思い込んでいます。

 たとえ間違いを指摘したり、反論しても、その何倍も言い返してくるだけです。

 間違いに気づいても、「確かに」「あなたの言う通りかも」などと意見を肯定しましょう。

 その上で、自分の意見を伝えると納得してくれるときがあります。

真剣に受け答えしない

 上から目線なことや否定するようなことを言ってきても、まともに受け答えしていたら、ストレスが溜まるだけです。

 適当に相槌を打って聞き流しましょう。

本日のまとめ

傲慢な人の特徴

・プライドが高い

・人を見下している

・自分と違う価値観を受け入れない

傲慢な人がよく使うフレーズ

・えっ、知らなかったの

・だからダメなんだよ

・俺(私)だったら○○するけどな

・違うでしょ

・そうだよ

・それがなにか

傲慢な人との接し方

・褒めて相手を立てる

・間違いを指摘したり、反論をしない

・真剣に受け答えしない