WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

悲観的なことのメリット・デメリットとは?悲観的な人の特徴や接し方を解説。

悲観的な人。ネガティブ思考を改善する。

皆さんの周りに、悲観的な人はいませんか?悲観的な人はものごとを否定的に受け止めてしまう傾向があります。悲観的な人の特徴やメリットデメリット、接し方について解説しています。

 

悲観的な人の特徴

ネガティブな発言が多い

    悲観的な人は「失敗するのではないか」「上手くいかないのではないか」という前提で物事を見ています。

    そのため、ネガティブな発言が多くなりがちです。

    ネガティブな発言は、周りの人から嫌がられることが多く、孤立してしまう原因になります。

他人と比較する

 悲観的な人は「私より、彼女の方が美人」「僕より、彼の方が仕事がよくできる」など、人と自分を比べてしまいます。

 そのため、自分が劣っている部分に気づいて、落ち込んでしまいます。

被害妄想をする

 悲観的な人は、人からの評価をとても気にします。

    自分に自信が無いので「みんな、私の悪口を言っているのでは?」など、被害妄想を抱くことがあります。

悲観的なことの「メリット」と「デメリット」

メリット

大きな失敗が少ない

 様々な結果を想定するため、見切り発車で行動をすることがありません。

    仕事においても十分な準備をしてから取り組むので、大きな失敗をすることは少なくなります。

人間関係のトラブルが少ない

 人との関わり方が慎重なため「相手は今、どんな気持ちでいるのだろうか」と考えてから発言します。

 よって、不用意な発言が少なく人間関係で揉めることが少なくなります。

デメリット

決定や行動に時間がかかる

 悲観的な人は情報を集め、失敗する情報についてじっくりと考えます。

    そのため、決定や行動に時間がかかります。

人を頼ることが苦手

 断られたらどうしよう、失敗に巻き込んだら申し訳ないと考えて、人に頼ることを躊躇してしまいまいます。

 その結果、一人で仕事を抱え込んでしまうことがあります。

悲観的な人との接し方

ネガティブな発言に影響されないようにする

 私たちは、付き合っている人のものの見方に影響をされやすく、ネガティブな人と関わっていると、いつの間にか自分もネガティブな受け止め方をするようになります。

 ものの受け止め方次第で、ネガティブにもなればポジティブにもなることを頭に入れておくだけで、影響を受けずに済みます。

言葉や態度をはっきりとしておく

 こちらの言葉や態度を曲解されないように真意をはっきりと伝えましょう。

 ネガティブ思考な人は、こちらの何気ない言動が悪意のあるものと受け取ることがあります。

 何気ない発言や態度でも、「嫌味を言っている」「興味がないってことね」「対抗心を燃やしてる?」などと誤解される恐れがあります。

ネガティブ思考を変えるには?

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換える

「具体例」

 (ネガティブ)          (ポジティブ)

      飽きっぽい    ⇒ 気持ちの切り替えが早い

      いい加減    ⇒ おおらか

      暗い      ⇒ 落ち着いている

      能天気     ⇒ 前向き

      孤独      ⇒ 自立している 

 

 ネガティブ思考は使う言葉を換えるだけで改善することができます。

    最初は意識しないと難しいですが、慣れてくると、自然とポジティブな言葉を使えるようになります。

※【関連記事】ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換える⇩

 

wakatu.hatenablog.com

※【関連記事】否定表現を肯定表現に言い換える⇩

wakatu.hatenablog.com

 

本日のまとめ

悲観的な人の特徴

・ネガティブな言動が多い

・他人と比較する

・被害妄想をする

悲観的な人の対処法

・ネガティブな発言に影響されないようにする

・言葉や態度をはっきりさせておく

ネガティブ思考を変える方法

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換える