WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【超使える】バンドワゴン効果とは?集客や購買意欲を高めるテクニック!

バンドワゴン効果

例えば、買い物に行って「当店人気NO1」というPOPがあると、良い商品なんだなと思いますよね。この心理のことをバンドワゴン効果といいます。バンドワゴン効果について、詳しく解説をしています。

 

バンドワゴン効果とは?

 私たちは、自分の判断に確信が持てない場合、他人がどのように考え、行動をしているかを重要な判断要素とし、それに従う傾向にあります。

例えば

 ・電家電量販店に行って、「人気ナンバー1」というPOPを見たら、良い商品に違いないという気になる。

 ・本屋に行って、本の帯に「販売数100万部突破!」と書いていたら、手に取ってみたくなる。

 ・アプリストアで「1,000万ダウンロード突破」とあれば、そのアプリを安心してダウンロードする。

 このように、自分の判断が不確実なときに、他人の判断や行動を重要な判断要素としてしまう心理を「バンドワゴン効果」と言います。

バンドワゴン効果の具体例

ビジネス

営業マン「このシステムは、すでに1,000社に導入していただいています」

⇒すでに他の人が購入していることを示唆することによって、購買意欲を喚起しています。

職場

部下「この提案は、すでにメンバーのほとんどの同意をいただいています」

⇒すでに、複数のメンバーから賛同を得ていることを示唆することで、上役であっても反論しにくくなります。

SNS

Instagramで「いいね!」がたくさんついているカフェをみつけると興味が湧き

「どういうカフェなんだろう?」

という気持ちから行ってみたくなります。

恋愛

A子「Z君がかっこいいから好き!」

B子「私の方がZ君のことが好き!」

Z君に興味がなかったC子も

C子「確かに、かっこいいかも」と思うようになります。

販売・接客

お客様と同じような独身の男性の多くは、この商品をお選びになります。その理由をお知りになりたいですか?」

人は自分と類似した他人の判断をより重視する傾向にあります。

    より一層相手を引きつけ、その気にさせることができます。

バンドワゴン効果の注意点

過度な誇張表現で集客をしない

 過度な誇張表現で集客をすれば、結果的にサービスや商品を使ってもらうことになったとしても、期待しているサービスと実際のサービスに大きな差が生まれます。

    そうなれば、クレームになる可能性があります。

同じ表現を使いすぎない

 例えば「売れ筋NO.1」「人気NO.1」「当店NO.1」など、よく似た表現のPOPが複数あると、消費者は迷うことになり逆効果になります。

本日のまとめ

バンドワゴン効果とは

自分の判断が不確実なときに、他人の判断や行動を重要な判断要素としてしまう心理。

「みんながやっているから安心」

「みんなが持っているから欲しい」

 

バンドワゴン効果の注意点

過度な誇張表現で集客をしない

同じ表現を使いすぎない