WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【いいね!】SNSだけでなく日常会話にも使える「いいね!」「イエス バット」話法とは?

相手の提案に対して、反論する場合は、まずは「イエス」と肯定してから、「バット」で反論する。「イエス バッド」話法。

SNSでお馴染みの「いいね」ボタン。この「いいね」を普段の会話にも取り入れてみませんか?とくに、人から受けた提案に対して、反論をしたいときは「いいね」が効果を発揮します。本日は、SNSではなく、日常会話での「いいね」の使い方について解説しています。

 

 

 

SNSの「いいね」ボタン

 SNSは、もはや人類にとって欠かせないコミュニケーションツールです。

    SNSの中でも、画像や動画を楽しめるということで、人気なのがインスタグラムです。

 インスタグラムは、利用者が写真などを投稿して、それを見た人が「いい感じ」「面白い」などと感じたら、「いいね!」ボタンを押す仕組みです。

 この「いいね」ボタンはよくできた機能で、とにかく「心が動かされたら」ボタンを押すだけです。

 心が「どう」動かされたかについて、言語化する必要がない点が人気の秘密です。

「いいね」について

    「いいね」は、「雰囲気」や「〜な感じ」といったニュアンス的なものを表わす言葉です。

  「いいこと」だから「いいね」を押すわけではありません。

  「いいね」は「あなたの表現に心を動かされました」と伝えているのです。

    このように、心を動かされたときに使う言葉「いいね」を普段の会話にも取り入れてみませんか?

「いいね」の使い方

彼女から提案を受けたとき

 男性は相手から、何かを提案されて受け入れがたいとき、真っ向から反対意見をぶつけてしまうことが多いです。

彼女「中華食べない?」

と言われて、「ちょっと重いなぁ」と思ったとき

彼氏×「重いなぁ。最近、疲れているんだよ。また今度にしようよ」

 このように、生真面目に反論してしまいがちです。

    これでは彼女のモチベーションも下がってしまい、会話も続かなくなります。

 

    まずは彼女の提案を「いいね」で受けて、それから、提案をしてみましょう。

彼氏「中華もいいね。だけど、今日は蕎麦の気分かな。鶏おろし蕎麦なんてどう?」

 

 多くの男性は、「いいね」と言ったら、その提案を受け入れないといけないと考えてしまいがちです。

 しかし、「いいね」という言葉は、提案だけではなく、提案してくれた「気持ち」に使える言葉です。

「提案してくれてありがとう」や「それもありだね」というニュアンスを伝える、便利な言葉です。

女性部下の提案がNGなとき

○「いいね。この方向性は悪くない。でも、資材調達が難しいのでは?」

    このように、まずは「いいね」と伝えます。

間違っても、いきなり、

×「資材調達どうするの?」と反論をしてはいけません。

表現を少し変えて

○「いいところに気づいたね」

○「いいタイミングだね」

   のような言い方でもOKです。

 提案の内容ではなくて、提案してくれたことをねぎらう気持ちで「いいね」を使ってみては、いかがですか。

イエス・バッド法

 「いいね」のように、最初に肯定しておいて、反論する話法のことを「イエス バッド法」と言います。

    イエス バッド法とは、相手の意見をいったん「そうですね(yes)」と肯定してから、「しかし(but)」と自分の意見(反論)を伝える話法です。

 相手に不快感を抱かせずに自分の意見を伝えたい場面、つまり交渉や説得などで使うと効果的です。

 たとえ自分の反論がどれほど正しくても、相手の意見をいきなり頭ごなしに否定するのは、良くありません。

 多くの人は腹を立て、最悪の場合、「もうあなたの話なんか聞きたくない」と心を閉ざしてしまうかもしれないからです。

本日のまとめ

 ・ SNSでよく使う「いいね」を日常会話にも、取り入れよう。

・ 相手からの提案に対して、肯定するときはもちろん。反論するときも、まずは「いいね」で受け止めよう。

・特に男性は、相手からの提案を受け入れられないときに、生真面目に反論をする傾向がある。

   いきなり反論すると、相手が気分を害することがある。

   最初に「いいね」と受けてから、提案をすることを意識しておくこと。

・「イエス バッド」は、相手の意見をいったん「YES」と受け入れてから、「BAD」と反論する話法である。

・相手の話や提案をいきなり否定、反論しないことが、対話力アップの大事なポイントである。