WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【知らないと損】また会いたいと思ってもらえる話し方とは?

相手を主人公ににして話す

皆さんは、人と会話をした後に、「またこの人と会って話したいなぁ」と思った経験はありませんか?おそらく、そのようなときは、自分の話を相手がしっかりと聞いてくれたときではないでしょうか。つまり、この人とまた会いたいなぁと思ってもらうためには、「相手の人そのものを話題にする(相手を主人公にする)」ことがポイントです。本日は、相手を主人公にして話すコツと話し方について解説しています。ビジネスにもプライベートにも役立ていただける内容なので、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

 

「面白い人」よりも、ずっと相手の記憶に残って、しかも「また会いたい」と感じさせる話し方があります。

 それは、「相手の人」そのものを話題にして話をすること(相手を主人公にして話すこと)です。

 さほど話がうまくなくても、内容が面白くなくても、これだけで相手は満足します。

 ポイントは相手に対して日頃から感じていることを話すことです。

例えば

「暑さに強いよね。前も真夏に倉庫で一日中仕事してたけど、平気な顔だったよね」
「毎日お弁当をつくっているなんて、素晴らしいですね」
「体力ありますよね。新宿から自宅まで歩いて帰ったのでしょ」

 何でもない言葉ですが、こんなふうに相手のことに話を向ければ、相手はとてもいい気分で自然に話をはじめてくれます。

相手を主人公にして話すコツ

感じたことを口に出してみる

 初対面の人と話す時、ほとんどの人が仕事のことや住んでいる地域のことなど、当たり障りのないことを話題にしがちです。

 しかし、それだけではあなたに対して親しみの感情は湧きにくいものです。

 一方で、相手のちょっとした振る舞いについて話題にしてみます。

 相手にとっては自分が主人公で話が進みますから、あなたに対してグッと親近感を持ってくれるはず。

 中でも、最も実践しやすいのは、相手の外見をよく見ることです。

「もう半袖ですか! お若いですね」
「背筋がピンと伸びていらっしゃいますね。何かスポーツでもされていたのですか?」

 このように、相手自身のことについて触れることで、相手も自然と話をはじめてくれることでしょう。

小さな気づきを伝える

 話題にするのは、特別なことではなくても、小さいことで十分です。

例えば

「○○さんは、いつもデスク回りがきれいに整理されていて、人柄が伝わってくる」
「○○さんがいると、その場がほっこりする」
「○○さんは、いつも美味しそうに食べますよね」

 など、何でもなさそうなことに気づいて会話のきっかけにします。

 自分の何気ない行ないに「温かいまなざし」が向けられていると気づいた相手は、きっとうれしくなり、お互いの心の距離もとても近くなります。

相手を主人公にして話す方法

まずは、失敗例です。

Aさん)「休みの日は、家電製品を見て回るのが大好きです」

Bさん)×「そういえば、駅前にヨドバシカメラができましたよね。もう行きましたか?」

Aさん)「はい。行きましたが、人が多くて、ゆっくりとできませんでした」

 

 お気づきかもしれませんが、Bさんの対応が上手くありません。

なぜかというと、

Aさんは、

「家電製品を見て回るのが好き」と言っているのに対して、

Bさんは、

「ヨドバシカメラ」を主人公にして話を始めたからです。

 これでは、会話は長続きせずに、途切れてしまいます。

 相手が持ち出した話題について、自分も話すものと思い込んでいると、こういう失敗をしてしまいます。

 

 それでは、相手を主人公にする話し方にするにはどうしたらよいでしょうか?

ポイントは、相手が持ち出してきた話題について

「あなたは~ですか?」と質問することです。

 

 家電製品を見て歩くのが好きなAさんを「主人公」にした質問をしてみます。

(Bさん)「家電製品を見て回るのって、楽しいのでしょうね。(あなたは、)家電製品を見ているときは、どんなことを考えているのですか?

 このように質問をすることで、Aさんは自分が主人公になるため、イメージが湧きやすく、話したいことが次々に出てきます。

上記以外にも、

例えば

映画好きな人に対して

「月に何回ぐらい観にいくの?」「どこの映画館に行くの?」という話は早々に切り上げて、

(あなたは、)待ちに待った映画が公開されたときって、どんな気持ちですか?

 

ランニングが趣味な人に対して

「何キロ走った?」「どこを走った?」という話だけでなく、

(あなたは、)思い通りに走れたときは、どんな気持ちですか?

 

 このように「あなたは~ですか?」と質問することで、相手を主人公にして、どんどん話をしてもらいましょう。

※嫌われてしまう話し方については

 

www.wakatusmile.com

 

本日のまとめ

 相手の記憶に残るような会話をするには、「相手の人」そのものを話題にして話をすること(相手を主人公にして話すこと)が重要。

 

相手を主人公にして話すコツ

・感じたことを口に出してみる

・小さな気づきを伝える

 

相手を主人公にして話す方法

「あなたは~ですか?」と質問する