WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

無愛想な人の特徴と接し方:仲良くなるための7つの秘訣

無愛想な人の対処法と特徴について

話しかけても、そっけない態度をとる無愛想な人。皆さんの周りにもいませんか?本日は、無愛想な人の特徴と接し方について解説しています。無愛想な人との接し方で悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 無愛想な人と接したことがありますか?無表情で目を合わせず、会話もあまり弾まない。そんな人との関わりは、どこかぎこちなく、距離を感じてしまうものです。

 しかし、無愛想な人は決して悪い人ではありません。むしろ、内に秘めた情熱や優しさを持っている場合も多いのです。

 このブログでは、無愛想な人の特徴と接し方について解説します。

無愛想な人の特徴

無表情になりがち

 「無愛想」な人は、表情があまり変わらず、無表情でいる傾向があります。相手から挨拶されたり、話しかけられたりしても、どこかツンとしていて笑顔を見せることがありません。

 そのため、相手からは「もしかして怒ってる?」と勘違いされてしまうこともあります。会話をしていても、無表情のままということがあります。

目を合わせない

 「無愛想」な人は、相手と話しているときに目を合わせない傾向があります。

 愛想の良い人は、人と接するときに相手の目を見て話したり、話の合間に笑ったりしてコミュニケーションをとります。

 しかし、「無愛想」な人は人見知りや緊張から視線が泳いでしまうことも少なくありません。

冷静に見える

 「無愛想」な人は、気分の浮き沈みや考えていることが表に出にくいので、周囲から冷静な人にみられます。

 たとえ内心はドキドキしていたとしても、常に一定のテンションで態度がぶれないため、日頃から堂々としていてどっしり構えているイメージをもたれます。

 仕事場で、何かトラブルがあっても、焦らず平常通りの態度でいるように見えるため、周りに安心感を与えることもあるでしょう。

コミュニケーションが苦手

 会話中に素っ気ない態度をとってしまうこともあるのが無愛想な人の大きな特徴です。

 無愛想な人は、周囲とのコミュニケーションが苦手で、会話が途切れたり、薄い反応を返して相手を困らせたりしてしまいがちです。

 どのような話をすればよいのか分からず、言葉がつまってしまったり、反応ができずに黙ってしまったりすることも珍しくありません。

 本人は緊張しているだけだとしても、コミュニケーションがうまくできないことで、相手から悪い印象を抱かれてしまうのです。

無愛想な人との関わり方

 無愛想な人と接するときは、相手の気持ちを尊重し、ゆっくりと関係を築いていくことが大切です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

無愛想な人の個性を受け入れる

 無愛想な人は、感情や意見を表現するのが苦手なだけで、悪い人ではありません。相手の個性として受け入れ、尊重しましょう。

無理に会話をしようとしない

 無愛想な人は、話すことが苦手な場合があります。無理に会話をしようとせず、相手が話しやすい雰囲気を作ることが重要です。

相手のペースに合わせる

 無愛想な人は、ゆっくりとしたペースで人と関わることを好みます。相手のペースに合わせ、焦らずに関係を築いていきましょう。

共通の話題を見つける

 相手の興味や関心事に興味を示し、共通の話題を見つけることで、会話が弾みやすくなります。

冗談や軽い会話で雰囲気を和らげる

 ただし、相手が冗談を好むかどうかを見極めることが大切です。

一対一の環境で話す

 大勢の人がいる場よりも、一対一の環境で話す方が、相手はリラックスしやすくなります。

適度な距離を保つ

 無愛想な人は、一人になる時間が必要です。適度な距離を保ち、相手のペースに合わせましょう。

 

以下は無愛想な人にかける言葉の一例です。

挨拶

「おはようございます!」

「こんにちは!」

「こんばんは!」

 

天気

「今日は良い天気ですね!」

「雨が降ってきましたね。」

「暑いですね。」

 

仕事

「お仕事お疲れ様です。」

「忙しそうですね。」

「何か大変なことはありますか?」

 

趣味

「○○さんは、趣味は何ですか?」

「休日は何をして過ごしていますか?」

「何か面白いことを見つけましたか?」

 

褒める

「○○さんは、いつも冷静で素敵ですね。」

「○○さんの意見、面白いですね。」

「○○さんは、仕事が丁寧ですね。」

 

共感

「○○さんの話、よくわかります。」

「私も同じ経験をしたことがあります。」

「それは大変でしたね。」

 

安心させる

「無理に話さなくて大丈夫ですよ。」

「ゆっくり話してくださいね。」

「何か困ったことがあれば、いつでも言ってくださいね。」

これらの例を参考に、相手に合わせた言葉をかけてみましょう。

本日のまとめ

無愛想な人の特徴

・無表情になりがち

・目を合わせない

・冷静に見える

・コミュニケーションが苦手

 

無愛想な人との関わり方

・無愛想な人の個性を受け入れる

・無理に会話をしようとしない

・相手のペースに合わせる

・共通の話題を見つける

・冗談や軽い会話で雰囲気を和らげる

・一対一の環境で話す

・適度な距離を保つ