WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

【侮辱する人の心理と対処法】侮辱されたときの反応の仕方を紹介

侮辱する人の心理と対処法について解説しています。そして侮辱されたときの反応の仕方を具体的に紹介しています。

人から侮辱された経験はありますか?人を侮辱することが普通になっている人もいます。本日は、侮辱する人の心理と対処法について解説しています。そして侮辱されたときの反応の仕方を具体的に紹介しています。

 

侮辱する人の心理

コンプレックスを隠したい

 侮辱する人の心理として、コンプレックスを隠していることが考えられます。

 自分が何かコンプレックスを抱えていて、それを人に触れられたり指摘されたりすることを恐れているのです。

 自分のコンプレックスに触れられることを恐れるあまり、相手より優位な立場に立とうと必死になるのです。

 侮辱する人はコンプレックスから逃れるために、どうにか自分の存在を価値のあるものにしたいと考えています。

 そのため、人を侮辱し、自分よりも下の存在を作り上げることに必死になっているのです。

自分を認めさせようとしている

 侮辱する人の心理として、自分を認めさせようとする心理が働いていることがあります。

 自分を認めて欲しいという気持ちが強い人は、自分の実力以上の自己評価をする傾向があります。

 自信家で好戦的な面があり、もしその高い自己評価にみあう評価が得られないときは感情的になります。

 そのため、相手が自分を認めていないと感じれば、相手を侮辱して攻撃してでも認めさせようとします。

 激しく感情を爆発させることでストレスを発散しつつ、相手を侮辱することで相手の立場を悪くさせてマウントしようとするのです。

孤独になりたくない

 侮辱する人には、孤独を恐れる心理が働いていることもあります。

 本来は気持ちが弱く、1人では生きていけないと自覚しているからこそ、他人との関係に依存してしまうのです。

 しかし、こうしたタイプは自分が寂しがり屋だとは知られたくありません。あくまでも他人に優位性を保ちながら、関係を続けようとします。

 その結果、相手を侮辱することでかまってほしいとの考えになるのです。

侮辱する人の対処法

その場でやり返さない

 「侮辱されたのをやり返したら同じレベルになる」とはよく言ったものですが、全くその通りで侮辱をやり返すというのは自分のことを「相手を侮辱する程度の人」におとしめるだけです。

 ひどいことを言われたからには黙っていられない、論破してやらないと気が済まない、というのは人間として当たり前の感情です。

 しかし、そこで感情的になってしまえば相手の思うつぼです。

 罵りあいはけっして決着のつかない不毛な争い、時間とエネルギーの無駄です。「侮辱し返してしまうと損するのは自分だ」と、自分を落ち着かせましょう。

「かわいそうな人」と思う

 侮辱する人というのは、そこまでモラルのないことをしないと自尊心を保てない、かわいそうな人です。

 精神的に余裕がなく、劣等感でいっぱいなのになんとか自分の価値を見出したい、という人が他人を攻撃します。

 自分のレベルが低いという自覚があるだけに、現実を直視せず周りの人間のレベルはもっと低いと思い込まないと耐えられないのです。

 ですから、あなたがまともに取り合う必要はありません。

 この人はかわいそうな人なんだ、と憐れみながら対応すると、不思議と腹も立たず冷静な対応をすることができるでしょう。

侮辱されたときの反応の仕方

 汚い言葉で侮辱されると多くの人は悔しさを覚え、どうにか反撃を試みようとします。

 ただ、そうした言葉を投げつけられたからといって、こちらが打ち負かされるわけではありません。

 そのあとの行動を決めるのはほかならぬあなたであり、相手にはどうする権利もないのです。

 侮辱によってダメージを受けていないということを知らしめてやるだけでも、立場は簡単に逆転することができます。

 そのために効果的なテクニックが、相手の状況を客観的に判断し、冷静に事実を口にすることです。

「お前はバカだ!」

と激高している相手だとしたら、

〇「今あなたは怒っているんですね」

〇「興奮していますね」

 などと短く告げ、相手にそのことを気づかせてあげるだけでいいのです。

 それによって怒りは相手の中に置き去りとなり、こちらが被害を受けることはありません。

 このテクニックは、短くズバッと指摘したあとは黙っていることが肝要です。   くれぐれも

×「あなたは心理学的に見ると、母親との幼少期の関係が…」

などと長ったらしく分析してはいけません。

 そんなことをすれば余計に相手を興奮させてしまいます。相手に気づかせられた時点で十分に効果があります。

※人を見下す人の特徴について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

本日のまとめ

侮辱する人の心理

・コンプレックスを隠したい

・自分を認めさせようとしている

・孤独になりたくない

 

侮辱する人の対処法

・その場でやり返そうとはしない

・「かわいそうな人」と思う

 

侮辱されたときの反応の仕方

反撃するのではなく、相手の状況を客観的に判断し、冷静に事実を口にする。

たとえば、

「今あなたは怒っているんですね」

「興奮していますね」

と言って、そのことを相手に気づかせよう。