WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

【人に頼るのが苦手な人の特徴と克服する方法】頼みごとをするときの話し方

人に頼るのが苦手な人の特徴と克服方法を解説しています。

本日は、人に頼るのが苦手な人の特徴と克服方法を解説しています。そして、人に頼みごとをするときの話し方を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


人に頼るのが苦手な人の特徴

プライドが高く、人を信用していない

 周囲に頼むのが苦手な人は、多くのことを今まで1人で解決してきたため、自分で問題に立ち向かうことに対してのプライドを持っています。

 プライドが高い人は「人に頼ること、甘えること=恥」のように考える傾向があります。
 そのためプライドが高い人は、何でも自分で解決しようするところがあります。

 また、いろんな人の言動に左右されて上手くいかなかった経験もあり、人をあまり信用していません。

 仕事で問題が起こっても「他人の手が入ると、かえって厄介なことになるし、自分が一番うまく立ち回れる」と思っています。

結局、人に任せるのが不安なので、自分で全部やってしまうのです。

※プライドが高い人の特徴と対処法について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

責任感が強い

 自分が引き受けたことや問題に対して、最後まで対処しなければならないと思ってしまうのが、周囲の力を借りることに抵抗がある人です。

「この面倒を他人に押し付けてはいけない」

「他の誰も解決してくれない」

「この仕事は自分にしかできないことだから」

という気持ちにとらわれている節があります。

人に頼れないと思い込んでいるから、人に任せようという気持ちにもならないのです。

※責任感が強い人の特徴について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

気を遣いすぎてしまう

 人に頼るのが苦手な人の特徴の1つに、「他人に迷惑をかけたくない」という心理傾向があります。

 そのため、全て自分で背負い込んでしまいがちで、疲れてしまうことも少なくありません。

 このタイプの人は、すぐ近くに人に頼られるタイプの人がいたとしても、その人の普段の苦労を間近に目にすることによって、「手間をかけては悪いし自分の力で何とかしよう」と思い込む傾向があります。

 そのため、詳しい人に聞けばすぐに解決するようなことでも、時間をかけてでも自分で調べようとするなど、周囲に気を遣い過ぎてしまうのも特徴です。

 

人に頼るのが苦手なのを克服する方法

「頼ることは悪い」という固定概念を捨てる

 人を頼ることで生じると思っているデメリットは、実は見方を変えればメリットになる可能性もあります。

 具体的には、人に仕事を任せると迷惑になるというマイナス的思考を、プラスに変換してみましょう。

 ・「相手にとっても新たな知識や経験が増え、自分の成長やチャンスにつながるかもしれない」

 このような考えを持てば、頼ることが決して悪いことではないと思えるようになります。

 柔軟な考え方ができると、人を頼りながら周囲と支え合って生きていけるようになります。

 他人を頼ると、自分ばかり得して申し訳ないような気分になるかもしれませんが、相手も人助けをしてポジティブな気持ちになり、お互いにメリットになることなのです。

断られることに慣れる

 誰かにお願いをして断られるという状況はよくあることです。そのため、臆病になるのではなく、断られても仕方ないという考えを持つことが大事です。

考え方としては、

「相手も多分忙しいだろうから、ダメ元でお願いしてみよう」

「もしかすると、自分より大変な状況かもしれないし、断られても当たり前」

と思って頼ってみましょう。

 「断られたらまた次の機会に」「拒まれたら別の人に」というように発想の転換をはかることが大切です。

人に頼みごとをするときの話し方

特別感を伝える

 人に頼みごとをするときは、押しつけがましくならないことが大切です。

×「この資料をエクセルに入力しておいてくれる?」

×「企画書を明日までにお願い」

このようなお願いの仕方は、ちょっとした押しつけです。

 

 相手が部下でも、命令的な言い方をすると、やらされた感だけを与えてしまいます。

お願い上手な人は、相手のスキルとモチベーションのバランスを崩しません。

○「この仕事、〇〇さんだからこそ、お願いしたいんです」

という「あなたは特別」という気持ちを言葉に添えて、お願いをします。

○「この資料、エクセルが得意な〇〇さんにやってもらえたら助かります」

○「〇〇さんだからこそお願いするのだけど、得意先に出す企画書を明日までに作ってもらえたら助かります」

というような感じです。

 

 人は頼られると、自分の価値を認めてもらえた気がしてうれしく思うものです。

 それゆえ「あなただからこそお願いしたい」というひと言が、特別感として伝わり、仕事のスキルとモチベーションを維持したまま、首を縦に振るのです。

 

※上手な頼み方のコツについて、こちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

本日のまとめ

人に頼るのが苦手な人の特徴

・プライドが高く、人を信用していない

・責任感が強い

・気を遣いすぎてしまう

 

人に頼るのが苦手なのを克服する方法

・「頼ることは悪い」という固定概念を捨てる

・断られることに慣れる

 

人に頼みごとをするときの話し方

・特別感を伝える

 

 

本日のInstagram投稿