WAKATU(話活)のススメ

人間関係の悩み解消!~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

飲み会を断る罪悪感から解放!スマートな断り方のヒント10選

飲み会を欠席する

飲み会の誘いを断るのは苦手という方も多いのではないでしょうか?このブログ記事では、罪悪感を感じずに、相手に気持ちよく断るためのヒントを紹介していきます。具体的な断り方の例や、何度も誘われる場合の対処法なども解説します。ぜひ参考にして、自分なりの断り方を見つけてください。

はじめに

 誰しもが経験するであろう、飲み会の誘いを断る場面。断るのは苦手という方も多いのではないでしょうか?

 しかし、誠意をもって丁寧に断れば、相手に悪い印象を与えることなく、スマートに断ることができます。

 このブログ記事では、罪悪感を感じずに、相手に気持ちよく断るためのヒントを紹介していきます。

具体的には、以下の内容について解説します。

・感謝の気持ちを伝える

・理由を説明する

・代替案を提示する

・早めに断る

・具体的な断り方の例

・何度も誘われる場合

・罪悪感を感じたときの対処法

これらのヒントを参考に、自分なりの断り方を見つけてください。

飲み会の上手な断り方

 飲み会の誘いを断るのは、誰にとっても難しい場面です。しかし、誠意をもって丁寧に断れば、相手に悪い印象を与えることなく断ることができます。

感謝の気持ちを伝える

 誘ってくれたことに対して、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

理由を説明する

 なぜ断るのか、理由を説明しましょう。嘘をつくのは避け、正直に伝えるのが好印象です。

代替案を提示する

 可能であれば、代替案を提示しましょう。例えば、「今日は行けないけど、来週は空いているので、その時に改めて誘ってもらえませんか?」というように伝えます。

早めに断る

 飲み会の日が近づくにつれて、断りづらくなります。できるだけ早めに断るのがマナーです。

具体的な断り方の例

体調不良の場合

「せっかく誘っていただいたのですが、体調不良のため、今回は遠慮させていただきます。申し訳ありません。」

予定がある場合

「せっかく誘っていただいたのですが、その日は別の予定が入っていて、参加することができません。申し訳ありません。」

仕事が忙しい場合

「せっかく誘っていただいたのですが、仕事が立て込んでいて、参加することができません。申し訳ありません。」

金欠の場合

「せっかく誘っていただいたのですが、最近お金がなくて、参加することができません。申し訳ありません。」

何度も誘われる場合

 何度も誘われる場合は、はっきり断ることが大切です。曖昧な返答をすると、相手も期待してしまいます。

★それでも断るのに不安がある人へ。「断りの公式」にあてはめて話せば大丈夫!

【断れない人の心理・特徴とは?】「断りの公式」を使って、上手に断ろう! - WAKATU(話活)のススメ

罪悪感を感じたときの対処法

 断った後に罪悪感を感じることは、誰にでも起こり得ることです。しかし、罪悪感は必要ありません。以下、罪悪感から解放されるための方法を紹介します。

断る権利があることを認める

 あなたは、誘いを断る権利を持っています。誰かに誘われたからといって、必ずしも参加する必要はありません。

相手も理解してくれることを考える

 相手も、あなたには断る権利があることを理解しています。無理に誘ったり、断ったことを責めたりすることはありません。

自分を責めない

 断ったことで、相手を傷つけてしまったのではないかと考える必要はありません。断ることは悪いことではありません。

気分転換をする

 断ったことで気持ちが落ち込んでしまった場合は、気分転換をしましょう。好きなことをしたり、リラックスしたりして、気持ちをリフレッシュしましょう。

具体的な方法

断った理由を書き出す

断った理由を書き出すことで、自分の気持ちを整理することができます。

信頼できる人に相談する

信頼できる人に相談することで、気持ちが楽になることがあります。

断ることへの抵抗感をなくす

断ることへの抵抗感をなくすために、断る練習をしてみるのも良いでしょう。

誘いを断って罪悪感を感じている人へかける言葉

 ・「あなたは、誘いを断る権利を持っています。誰かに誘われたからといって、必ずしも参加する必要はありません。」

・「相手も、あなたには断る権利があることを理解しています。無理に誘ったり、断ったことを責めたりすることはありません。」

・「自分を責めないでください。断ることは悪いことではありません。」

・「断ったことで気持ちが落ち込んでしまった場合は、気分転換をしましょう。好きなことをしたり、リラックスしたりして、気持ちをリフレッシュしましょう。」

・「あなたは、自分自身を大切にする権利を持っています。自分の気持ちに正直になり、無理のない選択をしてください。」

・「あなたは、周りの人に頼ってもいいんです。信頼できる人に相談したり、助けを求めたりして、一人で抱え込まないようにしましょう。」

・「あなたは、一人じゃありません。同じように悩んでいる人はたくさんいます。周りの人の声を聞き、励ましの言葉を受け取りましょう。」

・「あなたは、大丈夫。これからも、自分らしく進んでいきましょう。」

 断ることは、決して悪いことではありません。自分の気持ちに正直になり、無理のない選択をすることが大切です。

 周りの人に頼り、励ましの言葉を受け取りながら、自分らしく進んでいきましょう。

★大切なことは、自分を大切にすることです。自分を大切にできていないと感じたら、こちらの記事をご覧ください。

自分を大切にできない人の特徴・デメリット・改善法: 心身の健康と充実感を取り戻す方法 - WAKATU(話活)のススメ

コミュニケーション・会話ランキング
コミュニケーション・会話ランキング

人間関係ランキング
人間関係ランキング

本日のまとめ

 飲み会の誘いを断ることは、決して悪いことではありません。自分の気持ちに正直になり、無理のない選択をすることが大切です。

 周りの人に頼り、励ましの言葉を受け取りながら、自分らしく進んでいきましょう。

ポイント

・断ることは悪いことではない

・自分の気持ちに正直になる

・無理のない選択をする

・周りの人に頼る

・励ましの言葉を受け取る

・自分らしく進む

このブログ記事が、あなたにとって役に立つことを願っています。