WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

【誰もが頼りにする存在になるために】面倒見がいい人の特徴となる方法

面倒見がいい人の特徴と面倒見がいい人になる方法について解説しています。そして、面倒見がいい人との接し方を紹介しています。

本日は、面倒見がいい人の特徴と面倒見がいい人になる方法について解説しています。そして、面倒見がいい人との接し方を紹介しています。

 

面倒見がいい人の特徴

細やかな気配りができる

 面倒見がいい人は、些細なことにも気を配ります。相手の細かい要望やニーズに気づき、配慮することができます。

 たとえば、職場が暑いと感じたら、「暑くない?」と周りに声をかけて室内の環境を整えたり、残業を頑張っている人を見かけたら、おやつをデスクに置いたりなどの気配りをしてくれます。

 気配りや気遣いができることは、面倒見がいい人の一番の特徴といえるでしょう。

助ける姿勢がある

 面倒見がいい人は、他人の困難や問題に積極的に関わります。助けを必要とする人に対して、率先してサポートを提供することができます。
 たとえば、仕事のやり方が分からなくて困っている新人や、苦手な仕事を任されている人に、わかりやすく説明したり、改善案をアドバイスしたりすることができます。

 困った人を放っておけないのも面倒見がいい人の特徴の1つです。

 

※協調性がある人の特徴、協調性を高める方法について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

思いやりと優しさがある

 面倒見がいい人は、他人の気持ちやニーズに敏感であり、思いやりのある態度を持って接します。他人を傷つけたりせず、優しさを持って接することが特徴です。

 金銭を要求するなど、具体的な見返りを求めて面倒を見るようなこともしません。

 自分にメリットがなくても人のために何かできるのは、すばらしい長所の一つと言って良いでしょう。

面倒見がいい人になる方法

見返りを求めない

 人は他人に親切にしたときには、心のどこかでその見返りを期待してしまうものです。しかしながら、「面倒見がいい」人は、見返りを求め世話を焼くことはありません。

 相手が喜んでくれればそれでいいと純粋に思っているのです。

 お礼なども受け取ろうとはせず「当たり前のことをしただけ」とさらりと受け流します。

 面倒見がいい人を目指すなら、見返りは求めないようにしましょう。

必要な人に積極的なサポートを提供する

 面倒見がいい人は、積極的にサポートを提供します。他人の助けを必要としているときに、手助けやアドバイスを提供しましょう。

 そのときに大切なことは、相手の立場や気持ちになって考えることです。「どうしたら相手のためになるだろうか?」と冷静に考えてみましょう。

状況によっては、手助けをせずに見守ることが良い場合もあります。

 本当に助けが必要な人に対して、具体的な行動を起こすことが大切です。

自分のことも大切にする

 面倒見がいい人は、他人のニーズや要求に応えるために頑張りがちですが、自己犠牲に陥ることなく自分自身を大切にすることが必要です。

 他人を助けるあまりに自分のことがおざなりになると、結局周りに迷惑をかけてしまうことにつながる場合もあります。

 しっかりと、自分自身に時間を割いてリラックスしたり、趣味や興味のある活動に取り組んだりすることで、ストレスを軽減し、心の充実感を得ることができます。

 自分自身が充実し、満たされた状態でいることで、他人へのサポートや貢献がより意義深くなるでしょう。

面倒見がいい人への接し方

感謝の気持ちを伝える

「気配りや気遣いができる」

「困った人に手を差し伸べる」

「どんな人にも思いやりを持って接する」

このように、面倒見がいい人がいます。

 

 面倒見がいい人の行動に対して、ときにはお節介と感じることがあるかもしれません。だからといって、

×「あなたは、いつもお節介なんだよ」

このような言葉は相手を傷つけることがあります。

 

 また、面倒見のいい人は自分のことを後回しにして、他人のことを優先してしまうことが少なくありません。

そんなとき、

×「自分のことをおろそかにしてるよ」

しかし、このような言葉は相手を責めることに繋がります。

 

 面倒見がいい人と良好な関係を築いていく上で、大切なのは、相手の助けや配慮に感謝し、適切なコミュニケーションをとることです。

 相手の気持ちや努力を尊重する言葉遣いを心掛けましょう。

ですから、

○「いつもありがとう」

 相手の助けや配慮に感謝の気持ちを表現しましょう。日常的なサポートや頼りになる存在であることに対して感謝の意を示します。

○「あなたのおかげで助かりました」

 相手の支援や助けによって問題が解決したり、困難が軽減されたりした場合には、その恩恵を受けたことを伝えましょう。

 

○「あなたの思いやりが嬉しいです」

 相手の思いやりや配慮が自分に対して行われた場合には、その気持ちを受け取り、喜びや感謝の意を伝えましょう。

 このように、相手の努力や配慮に感謝を示すことが大切です。

 具体的な状況や行為に対して感謝の言葉をかけることで、相手の意欲やモチベーションを高めることができます。

コミュニケーション・会話ランキング
コミュニケーション・会話ランキング

人間関係ランキング
人間関係ランキング

本日のまとめ

面倒見がいい人の特徴

・細やかな気配りができる

・助ける姿勢がある

・思いやりと優しさがある

 

面倒見がいい人になる方法

・見返りを求めない

・必要な人に積極的なサポートを提供する

・自分のことも大切にする

 

面倒見がいい人への接し方

感謝の気持ちを伝える