WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

子どもを褒めるときのポイントと話し方:ポジティブな関係を築く方法

子どもを褒めるときのポイント、話し方について解説

子どもを褒めることの重要性と、その際に心がけるべきポイントに焦点を当てたブログです。周囲の大人が具体的で効果的な褒め言葉を使い、子どもたちの自己肯定感やモチベーションを向上させる方法を紹介します。適切なポジティブなコミュニケーションが、子どもたちの健やかな成長と自己理解にどれほど影響を与えるか、一緒に探求していきましょう。

 

 

 子どもを褒めることは、子どもの自己肯定感やモチベーションを育む上で鍵となります。

 このブログでは、子どもを褒める際のポイントと、その際の効果的な話し方に焦点を当てます。

 褒めることはただ単に言葉をかけるだけではなく、具体的でポジティブなアプローチが必要です。適切なコミュニケーションを通じて、子どもたちとの信頼関係を築く手助けとなります。

 周囲の大人にとって、子どもたちが自分の努力や成果を認識し、自分を大切に思える環境を提供することは非常に重要です。

 それでは、子どもを褒めるときの重要なポイントと、その際の効果的な話し方について深く探っていきましょう。

子どもを褒めるときのポイント

具体的な言葉を使う

 子どもが何をどのように頑張ったのかを具体的に伝えると、子どもは自分の頑張りをより実感でき、自己肯定感を高めることができます。

努力を評価する

 成果だけでなく、努力も褒めることが重要です。子どもが一生懸命に取り組んでいる姿勢や工夫を認めることで、自己効力感が向上します。

ポジティブな言葉を使う

 子どもの頑張りや成果を否定したり、比較したりするような言葉は避けましょう。子どもが自分の頑張りを肯定的に受け止められるように、褒め言葉を選びましょう。

一貫性を保つ

 子どもが頑張ったことや成果を、その都度褒めてあげましょう。そうすることで、子どもは自分の行動と褒めの関連性を理解しやすくなり、また、頑張り続ける意欲が高まります。

個々の特長を認める

 子どもは個々に異なる特長や才能を持っています。それを認め、肯定的に評価することで、子どもは自分の個性を受け入れやすくなります。

感情を込める

 子どもの頑張りや成果を、喜びや誇りの気持ちを伝えながら褒めてあげましょう。そうすることで、子どもはより喜びや誇りを感じることができます。

適度な頻度で褒める

 子どもが頑張ったことや成果を、適度な頻度で褒めてあげましょう。そうすることで、子どもは褒められることへの期待感を持ち、頑張り続ける意欲が高まります。

目標に合わせて褒める

 子どもが目標にしていることや興味があることを褒めてあげましょう。

 そうすることで、子どもは自分の努力が目標達成に繋がることを理解しやすくなり、また、目標に向かって頑張り続ける意欲が高まります。

子どもを褒めるときの話し方

具体的な言葉を使う

 子どもが具体的に何を、どのように頑張ったのかを具体的に伝えましょう。そうすることで、子どもは自分の頑張りをより実感でき、自己肯定感を高めることができます。

ポジティブな表現を心がける

 肯定的な言葉を使用し、否定的な表現を避けましょう。子どもが感じるポジティブなエネルギーが、モチベーション向上につながります。

感情を込める

 子どもの頑張りや成果を、喜びや誇りの気持ちを伝えながら褒めてあげましょう。そうすることで、子どもはより喜びや誇りを感じることができます。

子どもの立場に立つ

 子どもの個性や才能を具体的に伝えてあげましょう。そうすることで、子どもは自分の個性を認めてもらえたと実感でき、自信を持つことができます。

努力を強調する

 子どもが頑張ったことや工夫したことを具体的に伝えると、子どもは自分の努力や工夫を認めてもらえたと実感でき、自己肯定感を高めることができます。

適切なタイミングで褒める

 子どもが頑張ったことや成果を、その都度褒めてあげましょう。そうすることで、子どもは自分の行動と褒めの関連性を理解しやすくなり、また、頑張り続ける意欲が高まります。

質問を交える

 子どもの頑張りや成果について質問をすることで、子どもの考えや感情を理解し、より深いコミュニケーションを図ることができます。

繰り返しは避ける

 同じ内容の褒め言葉を繰り返し使うよりも、バラエティ豊かな褒め言葉を使うと、子どもは新たな挑戦にもやる気を出しやすくなります。

 

以下は子どもを褒めるときの話し方の具体例です。

 

具体的な行動や努力を褒める

「宿題を最後までやり遂げて、すごいね。」

「友達と協力して、うまく遊べるようになったね。」

「初めてのピアノの発表会で、堂々と演奏できて、すごいね。」

 

成果を褒める

「テストで100点を取れて、すごいね。」

「絵を描いて、賞をもらえて、すごいね。」

「スポーツで優勝できて、すごいね。」

 

努力を強調する

「数学のテストで、いつもより点数が上がって、すごいね。その努力が実を結んだんだね。」

「サッカーの試合で、いつもより活躍できて、すごいね。練習の成果が出たんだね。」

「英語のスピーチコンテストで、入賞できて、すごいね。たくさん練習したんだね。」

 

適切なタイミングで褒める

「宿題をやり終わったら、すぐに褒めてあげましょう。」

「友達と遊んで、うまくやれたら、すぐに褒めてあげましょう。」

「ピアノの発表会が終わったら、すぐに褒めてあげましょう。」

 

質問を交える

宿題をやり終わったら、「どんなところが大変だった?」と聞いてみましょう。

友達と遊んで、うまくやれたら、「どうやってうまくやれたの?」と聞いてみましょう。

ピアノの発表会が終わったら、「どんな気持ちだった?」と聞いてみましょう。

 

繰り返しは避ける

同じ内容の褒め言葉を何度も言うのではなく、さまざまな角度から褒めてあげましょう。

 

 このように、子どもの具体的な行動や努力、成果を褒めてあげることで、子どもの自己肯定感を高め、自信を持って成長していくことができます。

本日のまとめ

子どもを褒めるときのポイント

・具体的な言葉を使う

・努力を評価する

・ポジティブな言葉を使う

・一貫性を保つ

・個々の特長を認める

・感情を込める

・適度な頻度で褒める

・目標に合わせて褒める

 

子どもを褒めるときの話し方

・具体的な言葉を使う

・ポジティブな表現を心がける

・感情を込める

・子どもの立場に立つ

・努力を強調する

・適切なタイミングで褒める

・質問を交える

・繰り返しは避ける