WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

相談を受ける立場での心得:対処法、注意点

相談を受けたときの対処法について解説

本日は、相談を受ける際のスキルや心得、そして相談者へのサポート方法に焦点を当てた情報を提供しています。日常のコミュニケーションや仕事上での相談に役立つヒントやアプローチを紹介し、共に学び成長するためのコミュニティの一員として、信頼関係の構築に貢献していきます。ぜひ一緒に、良い相談者としてのスキル向上を目指しましょう!

 

 相談を受ける立場としての心得や、相談者への適切なサポートについて深堀りしていきます。

 相談は、人間関係を築く上で重要なコミュニケーションの一環であり、相手に寄り添いながら共に解決策を模索することが求められます。

 日々の生活でのコミュニケーションや仕事上での相談に役立つヒントやアプローチ、さらには相談者の立場からの理解を深めるための情報をお伝えします。

相談を受けたときの対処法

相手の話を最後まで聞く

 相手の話を最後まで聞くときは、相手の話に集中して、相手の目を見て、うなずいて、相手の気持ちに共感しながら聞いてください。

 また、相手の表情やジェスチャーにも注意して、相手の話をより深く理解するようにしましょう。

 

具体的な例

・相手の話が長くなっても、途中で話を遮らずに、最後まで聞きましょう。

・相手の話に相槌を打ちながら、うなずいて、相手の話を聞いていることを示しましょう。

・相手の話に質問をすることで、相手の話をより深く理解しましょう。

・相手の表情やジェスチャーに注目して、相手の感情や考えを読み取るようにしましょう。

相手の気持ちを共感する

 相手の気持ちを共感するときは、相手の感情を否定せずに、相手の気持ちを受け入れてください。

 また、「あなたの気持ちはよくわかります」といった言葉で、相手の立場に立っていることを伝えましょう。

 

具体的な例

・相手の話の中で、悲しい気持ちや怒っている気持ちなどの感情が表れているときは、その感情を否定せずに、受け入れてください。

・「悲しい気持ちですね」「怒っている気持ちですね」といった言葉で、相手の感情を表現しましょう。

・相手の感情を理解し、共感していることを示すことで、相手の気持ちを落ち着かせることができます。

 

相手の問題解決を助ける

 相手の問題解決を助けるときは、協力的な態度で、一緒に問題に取り組みましょう。

 また、相手の考えを引き出すようなオープンエンデッドな質問をすることで、相手の考えを促進しましょう。

 さらに、複数の選択肢を提示して、相手に選択の余地を与えることで、よりよい解決策を見つけられるようにしましょう。

 

具体的な例

・相手の問題を解決するために、一緒に考えたり、行動したりしましょう。

・「どうしたらいいと思う?」「どうしたいの?」といったオープンエンデッドな質問をすることで、相手の考えを引き出しましょう。

・「この方法はどう?」「この方法はどう?」といった複数の選択肢を提示することで、相手に選択の余地を与えましょう。

相談を受ける立場での注意事項

自分の感情や考えをコントロールする

客観的な立場を保つ

 相手の立場や感情に共感しながらも、自分の感情や偏見が介入しないようにしましょう。

感情の適切な表現

 自分の感情が出てしまった場合は、相手にとって安心感を与えるように表現しましょう。

プライバシーや秘密を守る

機密性の確保

 相談者から得た情報や話は、他者と共有しないようにしましょう。

適切な環境

 相談を受ける際は、プライバシーを確保できる環境を整えましょう。

自分の能力や限界を理解する

適切なサポートを提供

 自分の専門分野やスキルに基づいて、適切なサポートを提供しましょう。

限界の認識

 自分の限界を理解し、相手の問題に対して解決策を提供できる範囲を把握しましょう。

 

具体的な例

◎相手の話を聞いていると、自分も同じような経験をしたことがあるせいで、感情的になってしまうことがあります。

 そんなときは、自分の感情をコントロールするために、深呼吸をしたり、別のことに意識を向けたりして、冷静になるようにしましょう。

 

◎相談者が怒っているとき、自分もつい感情的になってしまうことがあります。

 そんなときは、相手の怒りを否定せずに、受け入れるようにしましょう。

 また、相手の怒りが自分に向けられているわけではないことを理解し、冷静に対応するようにしましょう。

 

◎相談者から得た情報は、相談者の許可なく他者と共有してはいけません。

 また、相談者の名前や個人情報など、相談者のプライバシーにかかわる情報は、慎重に扱うようにしましょう。

 

◎相談を受けるときは、相談者が安心して話せるように、周囲の環境にも配慮しましょう。

 例えば、周りに人がいない場所で、声が漏れにくい場所を選ぶようにしましょう。

 

◎自分の専門分野やスキルを超えた相談を受けた場合は、他の専門家に紹介するなど、適切なサポートを提供するようにしましょう。

 また、自分の限界を理解し、相談者の期待を過度に持たせないようにしましょう。

相談してきた人にかける言葉

共感の気持ちを伝える言葉

○「それは大変だったね」

○「あなたの気持ち、わかるよ」

など、相手の気持ちを理解し、寄り添っていることを伝える言葉は、相談者の気持ちを落ち着かせ、話しやすくなります。

相手の考えを引き出す質問をする言葉

○「そのことで、どうしたいの?」

○「どうしたらいいと思う?」

など、相手の考えを引き出す質問をすることで、相談者の悩みや考えをより深く理解することができます。

 また、自分で考えることで、解決策を導き出すきっかけにもなります。

アドバイスは慎重にする言葉

○「アドバイスは難しいけど、もしかしてこうしたら?」

○「こういう考え方もあるよ」

など、あくまでも参考意見としてアドバイスをする言葉は、相談者の考えを否定したり、押し付けたりすることがありません。

相談者の自立を促す言葉

○「自分で考えてみたら?」

○「自分でやってみようよ」

など、相談者が自分で考え、行動を起こすように促す言葉は、相談者の自立を助けることができます。

コミュニケーション・会話ランキング
コミュニケーション・会話ランキング

人間関係ランキング
人間関係ランキング

本日のまとめ

相談を受けたときの対処法

・相手の話を最後まで聞く

・相手の気持ちを共感する

・相手の問題解決を助ける

 

相談を受ける立場で注意すること

・自分の感情や考えをコントロールする

・プライバシーや秘密を守る

・自分の能力や限界を理解する

 

相談してきた人にかける言葉

・共感の気持ちを伝える言葉

・相手の考えを引き出す質問をする言葉

・アドバイスは慎重にする言葉

・相談者の自立を促す言葉