WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

挫折からの復活:成功への道を探る - 挫折しやすい人の特徴と立ち直りの方法

仕事で挫折しやすい人の特徴を解説

誰しも、一度や二度の挫折を経験しているのではないでしょうか。挫折から立ち上がることは、成長と自己発見の旅でもあります。失敗から学び、前進することは、私たちが本当の意味で満足し、自己実現を果たす手助けとなります。このブログを通じて、挫折を乗り越え、新たな可能性に向かって歩み出すための道を探求していきましょう。

 

 

 人生は時折、私たちに挑戦を投げかけ、予期せぬ困難をもたらします。

 その中で、挫折という言葉は私たちにとって不安や落胆をもたらすことがありますが、挫折は決して終点ではありません。むしろ、新たな始まりの合図なのかもしれません。

 このブログでは、挫折について探求し、挫折しやすい人の特徴、挫折から立ち直る方法、そして挫折した人々への励ます言葉について深く掘り下げていきます。

挫折しやすい人の特徴

プライドが高い

 プライドが高い人は強くて自信があるように見えますが、実は人一倍傷つきすい一面もあります。

 そのためちょっとした失敗にも、必要以上に落ち込んでしまうことがあります。
 そこまで大きなミスではなくても、プライドが高いため「挫折してしまった」と感じてしまうのです。

感が低い

 自己肯定感が低い人は自分に自信がないため、まわりの人に置いていかれないように日頃の努力を惜しみません。

 そのため、普段はあまりミスをしない傾向があるでしょう。
 一方、このタイプの人は、自分の力を信じてあげることができません。

  そのため、不安なことや困難に直面したときに「自分には乗り越えられない」と諦めてしまいます。

ゴールを設定していない

 挫折をしやすい人は明確な「ゴール」を設定していないことがあります。 そのため、だらだらと続けていくうちに、どこまで何をしたらいいのか分からなくなり挫折してしまうのです。

 また、ゴールが明確でないと、途中でモチベーションも低下してしまいます。 モチベーションが下がると、物事を行うペースや内容の質が下がってきます。

 大きなゴールを決めるのはもちろん、小さなゴールも見つけていくといいでしょう。 

挫折から立ち直る方法

挫折から立ち直るためには、以下の5つのポイントが重要です。

自分の感情を認める

 挫折すると、誰でも落ち込みや悲しみ、怒りなどの感情を抱えるものです。

 まずは、自分の感情を認めることが大切です。感情を抑圧したり、否定したりすると、立ち直りが遅くなります。

休息をとる

 挫折すると、心身ともに疲弊してしまいます。そのため、十分な休息をとることが大切です。

 睡眠を十分にとったり、好きなことに取り組んだりして、心身をリラックスさせましょう。

挫折の原因を分析する

 挫折した原因を分析することで、次にどうすればよいのかが分かります。

 自分の努力不足なのか、外的要因によるものなのかを客観的に考えてみましょう。

小さな目標を立てて再チャレンジする

 大きな目標を立てると、挫折してしまう可能性が高くなります。

 そのため、最初は小さな目標から始め、少しずつステップアップしていくことが大切です。

 小さな目標を達成することで、自信と達成感を得ることができ、さらに大きな目標に挑戦する意欲が高まります。

自分を信じ続ける

 挫折は、誰にでも起こり得ることです。自分を責めたり、自信を失ったりしないようにしましょう。

 自分を信じ続け、再び挑戦することで、必ず乗り越えることができます。

 

具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。

・自分の感情を書き出し、整理する

・好きな音楽を聴いたり、映画を見たりして、気分をリフレッシュする

・挫折した原因を友人や家族に相談する

・小さな目標を立て、それを達成したら自分を褒める

・ポジティブな言葉を自分に掛ける

 これらの方法を参考に、挫折から立ち直り、さらに成長していきましょう。

 

 また、挫折から立ち直るためには、以下のようなことにも注意が必要です。
・一人で抱え込まない

・自責の念にとらわれすぎない

・時間をかけすぎる

 一人で抱え込むと、気持ちが落ち込み、立ち直りが遅くなります。

 自責の念にとらわれすぎると、自信を失い、再チャレンジする意欲が低下します。時間をかけすぎると、焦りや不安が募り、再チャレンジが難しくなります。

 挫折から立ち直るためには、家族や友人などのサポートを受けることも大切です。また、自分を信じ、前向きに考えることが大切です。

挫折した人を励ます言葉

 たとえば、友人のひとりが、ある目的を持って勉強を始めたのに途中で挫折して、勉強を投げ出してしまったとします。

そんな友人を、

×「しかたないね」

と、挫折した現状を認めることで慰めようとする人もいます。

 

 けれども、それでは慰めにはなっても、相手を励ますことにはなりません。

結果的に、自分自身も元気になることはないでしょう。

○「応援しているよ」

○「あなたには元気をもらっていたんだ。まわりのみんなもそうじゃないかな」

このように、その友人を励ますほうが賢明です。

本日のまとめ

挫折しやすい人の特徴

・プライドが高い

・自己肯定感が低い

・ゴールを設定していない

 

挫折から立ち直る方法

・自分の感情を認める

・休息をとる

・挫折の原因を分析する

・小さな目標を立てて再チャレンジする

・自分を信じ続ける