WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

【器が大きい人の特徴となるためには】成功や幸福を築くためのヒント

器が大きい人の特徴と器が大きい人になるための方法を解説しています。

器が大きい人の特徴と器が大きくなるための方法について解説しています。そして、器が大きい人との接し方について紹介しています。

 

器が大きい人の特徴

寛容さと理解力がある

 器が大きい人は、他人の意見や立場に対して寛容であり、理解力があります。

 どれほど荒唐無稽な意見であってもまずは受け入れ、自分の考えと折り合いをつけながら思考をすることができるのです。

 また意見をスッと受け入れるため、周囲とぶつかることも少なく、落ち着いた話し合いを進めることができるのも器の大きい人の特徴です。

 彼らは異なる視点やバックグラウンドを尊重し、相手を受け入れることができます。

自己反省と成長意欲がある

 器が大きい人は、何か失敗したときでも自己反省をすることができます。

 ミスはミスと認めて、次に生かそうとすることができます。彼らは自身の行動や言動を客観的に振り返り、改善点を見つけ出すことができます。

 一方、ミスをしたら他人のせいにしたり、言い訳ばかりしたりする人もいます。

 器が大きい人は、他人に責任転嫁することはありません。反省することができ、常に自己成長を追求し、学び続ける意欲があります。

正直さと信頼性がある

 器が大きい人は、正直さと信頼性を大切にします。彼らは誠実さを持ち、言葉に対して責任を持って行動します。

 もしそれで失敗をしたとしたら、その結果に対しても責任を持ち、最善の解決策を探します。

 言いっ放しにせずに、言ったことも結果も全部受け止める。これは器が大きいからこそできることです。

 他人との関係を築く上で信頼性は非常に重要な要素です。

器が大きい人になるには?

自分について知る

 器の大きい人になるには、まず自分を知ることから始めましょう。自分は何を受け入れられて、受け入れられないのか、理解することから始めましょう。

 たとえば、「誰にでも平等に接しているか」「他人の意見は素直に聞いているか」「自分の失敗を認めることができるか」などは、器が多きおい人の特徴です。

 肯定できない部分があれば、それを課題として取り組むようにするとよいでしょう。

自分と他人の違いを受け入れる

 器を大きくするために必要なことの1つは、人の気持ちを汲むことです。どんな意見を言われても、一度はその人の気持ちをしっかりと受け止めることが大切です。

 まずは、自分が何を受け入れられ、何を受け入れられないのかを紙に書き出してみましょう。

 受け入れられないものでも、努力すれば受け入れられるものをチェックし、どうしたら受け入れることができるか考えましょう。

ストレスを発散する

 ストレスが溜まりすぎると、心に余裕を持つことができません。ストレスが溜まると、無意識にイライラした顔つきや雰囲気になっていたり、人に不満をぶつけたりしてしまいがちです。

 器の大きい人になるには、いつも心を穏やかな状態に保つことが必要です。

 自分なりのストレス発散方法を見つけ、少しでもストレスが溜まっていると感じたら解消に努めるとよいでしょう。

 穏やかな気持ちでいれば、周りにも寛容な態度で接することができます。

器が大きい人との接し方

相手の品格や努力を認める

器が大きい人は、心に余裕があります。

「相手と違う価値観でも受け入れる」

「相手の気持ちを尊重できる」

「他人の失敗は許す」

など、誰にでも平等に接し、感情的になることもありません。

 他人の失敗を許す人に対して

×「それって本当に信じられるの?」

×「まさかそれを信じているなんて驚きです」

 軽蔑や軽視を示すような言葉は、相手を傷つける可能性があります。器の大きい人は思いやりを持って接することができるため、尊重を示す言葉を選びましょう。

 たとえば、

○「あなたの寛容さや優しさは本当に素晴らしいですね」

 他人の意見や感情に対して、開放的であり、柔軟な考え方を持っていることに対して、敬意を示す言葉です。

○「あなたの優しさや思いやりの心は周りの人々にとっての励みです」

 優しい人は他人に対して親切で思いやりのある態度を持っています。器が大きい人は他人を思いやり、配慮し、助けることに喜びを感じます。

この言葉は、他人への思いやりを称賛する言葉です。

○「あなたは他人を受け入れる力が素晴らしいです」

 他人を受け入れる力がある人は、他人の違いや個性を尊重し、寛容な態度を持ちます。彼らは人々の多様性を受け入れ、偏見や差別を排除する傾向があります。

 これらの言葉は相手の品格や努力を認め、尊重する意思を示すものです。相手の良いところや成果を称えることで、良好な関係を築くことができます。

 

※参考記事:寛大な心を持つ人になる方法について解説しています。

 

www.wakatusmile.com

 

本日のまとめ

器が大きい人の特徴

・寛容さと理解力がある

・自己反省と成長意欲がある

・正直さと信頼性がある

 

器が大きい人になるには

・自分について知る

・自分と他人の違いを受け入れる

・ストレスを発散する

 

器が大きい人との接し方

相手の品格や努力を認める

 

本日のInstagram投稿