WAKATU(話活)のススメ

人間関係の悩み解消!~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

子どもを叱る?叱らない?子育ての悩みを解決!効果的な叱り方とNG行動

子どもの叱り方

子どもを愛情を持って育てるために、効果的な叱り方を知りたいあなたへ。このブログは、子どもを叱る際の適切なアプローチやNGな行動、叱り方のポイントについて解説しています。

はじめに

 子どもを育てる中で、誰もが悩むのが「叱り方」ではないでしょうか?

 愛情を持って接したいと思いつつも、つい感情的になったり、適切な言葉が見つからずに後悔したり...。

 このブログでは、子どもを叱るときのポイントや、やってはいけないNG行動、そして具体的な方法について詳しく解説します。

 記事を読むことで、以下のようなメリットがあります。

・子どもに効果的に伝わる叱り方が分かる

・子どもとの信頼関係を築きながら、成長を促すことができる

・怒りに任せて感情的な叱り方をしてしまうことを防ぐ

・子ども目線で考え、適切なコミュニケーションを取ることができる

 このブログが、子育て中の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

子どもを叱るべき場面

   子どもを叱るべき場面は、大きく3つに分類できます。

自分や他人を傷つけてしまう恐れがある行動

・ハサミや包丁などの危険物で遊んでいる

・人を叩いたり、物を投げたりする

・道路に飛び出すなど、危険な行動をする

道徳や社会のルールに反している行動

・嘘をつく

・盗みをする

・順番を守らない

人間関係を壊してしまうような行動

・友達をいじめたり、悪口を言ったりする

・わがままを言って、周りの人に迷惑をかける

 これらの行動は、子どもの成長や周囲の人々に悪影響を与える可能性があるため、適切なタイミングで叱ることが重要です。

子どもを叱るときにやってはいけないNG行動

  子どもを叱るときは、子どもの成長を促すために、効果的な方法で接することが大切です。

 しかし、ついついやってしまいがちなNG行動は、子どもの心に悪影響を与えてしまう可能性があります。

 ここでは、子どもを叱るときに絶対にやってはいけないNG行動を10個紹介します。

感情的になる

 怒りに任せて怒鳴ったり、暴言を吐いたりすることは、子どもに恐怖心を与え、信頼関係を損ないます。

    冷静な状態で、なぜその行動がいけないのかを丁寧に説明しましょう。

人格否定をする

 「あなたはダメな子だ」など、子どもの人格を否定するような言葉は、子どもの自己肯定感を低下させ、自信を失わせる原因になります。

 行動を具体的に指摘し、「〇〇するべきだったね」と改善点を伝えましょう。

体罰を与える

 体罰は、子どもに身体的な痛みを与えるだけでなく、心にも深い傷を残します。暴力は絶対に許されない行為であることを認識しましょう。

過去のことを持ち出す

 過去の失敗や過ちを繰り返し持ち出すことは、子どもにとって不快なだけでなく、問題解決に繋がりません。

 現在の行動に焦点を当て、改善策を一緒に考えることが重要です。

他の子と比較する

 他の子と比較することは、子どもの劣等感を高め、自己肯定感を低下させます。個々の成長ペースや個性を受け入れ、子どもの努力を認めましょう。

一方的に責める

 問題が起きた際に、一方的に子どもを責めることは、問題解決に繋がりません。子どもの言い分にも耳を傾け、一緒に解決策を探しましょう。

具体的な改善策を伝えない

 問題点を指摘するだけで、具体的な改善策を伝えないことは、子どもにとって混乱を招くだけでなく、問題解決を難しくします。

 改善策を一緒に考え、実行することが重要です。

すぐに怒鳴ってしまう

 問題が起きた際にすぐに怒鳴ってしまうことは、子どもに不安や恐怖を与えるだけでなく、効果も薄れます。

 冷静な状態で対応することが大切です。

脅す

 子どもに対して脅すことは避けるべきです。脅しは子どもとの信頼関係を損ない、問題の解決には寄与しません。

放置する

 問題や行動に対して放置することは、子どもに対する関心やサポートの欠如を示し、子どもの心理的な安定に影響を与える可能性があります。

子どもを叱るときのポイント

 子どもを叱ることは、子どもの成長にとって大切な役割を果たします。

 しかし、効果的な叱り方を実践するのは容易ではありません。

    ここでは、子どもを叱るときに意識すべき4つのポイントを分かりやすく解説します。

冷静になる

 怒りに任せて叱ってしまうと、子どもに恐怖心を与え、信頼関係を損なう可能性があります。まずは深呼吸をして、冷静な状態になることが重要です。

子ども目線で考える

 子どもの行動には、必ず理由があります。大人が理解できない行動でも、子どもの視点から考えれば、納得できることもあるでしょう。

 子どもの気持ちを想像し、共感することが大切です。

具体的な行動を伝える

 「ダメ!」ではなく、「おもちゃを投げるのは危ないよ」のように、具体的な行動を伝えましょう。

 何が問題なのかを明確にすることで、子どもは自分の行動を理解しやすくなります。

褒めることも忘れずに

 良いことをしたら、しっかりと褒めてあげましょう。褒めることで、子どもは自信を持ち、良い行動を繰り返すようになります。

叱り方の具体例

 以下は子どもを叱るときの一例です。

 子どもを叱るときは、感情的にならず、具体的な言葉で伝えることが大切です。以下、具体的な言葉遣いの例とポイントを説明します。

状況を伝える

 まず、子どもがどのような行動をしているのかを具体的に伝えます。

例:「おもちゃを投げて遊んでいるね」

ポイント:行動そのものを伝える

気持ちを伝える

 その行動によって、自分がどのような気持ちになっているのかを伝えます。

例:「おもちゃを投げられると、危なくて怖いよ」

ポイント:自分の気持ちに焦点を当て、「あなた(You)」ではなく「私(I)」のメッセージを使う。

なぜいけないのかを伝える

 その行動がなぜいけないのかを、子どもが理解できる言葉で説明します。

例:「おもちゃを投げる と、壊れたり、誰かに当たったりするかもしれないよ」

ポイント:理由を具体的に説明する

どうすれば良かったのかを伝える

 どのようにすれば良かったのかを具体的に伝えます。

例:「おもちゃで遊びたいときは、投げるのではなく、床に置いて遊ぼうね」

ポイント:代替案を提示す。

コミュニケーション・会話ランキング
コミュニケーション・会話ランキング

人間関係ランキング
人間関係ランキング

本日のまとめ

 子どもを叱るべき場面

・自分や他人を傷つけてしまう恐れがある行動

・道徳や社会のルールに反している行動

・人間関係を壊してしまうような行動

 

子どもを叱るときにやってはいけないNG行動

・感情的になる

・人格否定をする

・体罰を与える

・過去のことを持ち出す

・他の子と比較する

・一方的に責める

・具体的な改善策を伝えない

・すぐに怒鳴ってしまう

・脅す

・放置する

 

子どもを叱るときのポイント

・冷静になる

・子ども目線で考える

・具体的な行動を伝える

・褒めることも忘れずに

【具体例】

・状況を伝える

・気持ちを伝える

・なぜいけないのかを伝える

・どうすれば良かったのかを伝える