WAKATU(話活)のススメ

人間関係の悩み解消!~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

デートを断る例文でわかる!相手を傷つけないスマートな断り方 【脈なし・脈あり別】

デートを断る人

このブログでは、デートの断り方についてのヒントとポイントを紹介しています。デートの断り方には注意が必要で、相手を傷つけずに誠実に伝えることが大切です。脈なしの場合や脈ありの場合など、さまざまな状況に応じた断り方や言葉の選び方を紹介しています。

 

はじめに

 あなたは、デートの誘いを断るのが苦手ではないですか?

 相手を傷つけずに断りたいけれど、どうすればいいか悩んでいませんか?

 このブログでは、相手を傷つけずにデートの誘いを断るためのポイントと例文を紹介します。

 脈なしの場合、脈ありの場合、一度OKしたデートを断る場合など、状況別の断り方をご紹介します。

 例文を参考に、あなたに合った断り方を見つけてください。

このブログを読めば、

・デートを断る際の共通項がわかる

・脈なし・脈あり別、状況別の断り方がわかる

・相手を傷つけずに断るためのポイントがわかる

 デートを断るのが苦手なあなた、相手を傷つけずに断りたいあなた、ぜひこのブログを読んでみてください。

 このブログを通して、あなたの恋愛がより良いものになることを願っています。

デートの断り方

「共通項」

 デートを断る際には、相手を傷つけないように、以下の5つのポイントを意識することが大切です。

感謝の気持ちを伝える

    まずは誘ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

例:

「誘ってくれてありがとう。嬉しいです。」

具体的な理由を伝える

 なぜ断るのか、具体的な理由を伝えると相手に納得してもらいやすいです。

例:

「その日は予定があるので行けません。」

「体調が悪くて外出できません。」

など。

曖昧な表現は避ける

 「また今度」や「考えさせてください」など、曖昧な表現は相手に期待を持たせてしまう可能性があります。

例:

×「また、機会があればお願いします。」

×「考えさせてください。」

丁寧な言葉遣いを心がける

    断る時は、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

例:

「申し訳ありませんが、…」

早めに伝える

    断る場合は、できるだけ早めに伝えた方が相手に迷惑をかけません。

「脈なしの場合」

    脈なしの相手の場合、以下の点に注意して断りましょう。

恋愛対象として見ていないことを明確に伝える

    相手に誤解を与えないように、恋愛対象として見ていないことを明確に伝えましょう。

例:

「ごめんなさい、あなたのこと恋愛対象としては見ていないんです。」

相手を傷つけないように、言葉を選ぶ

    相手を傷つけないように、言葉を選びましょう。

例:

「とても楽しい時間をありがとう。これからも友達として仲良くしたいです。」

今後、関係を続けたい場合は、その気持ちを伝える

今後、友達として関係を続けたい場合は、その気持ちを伝えましょう。

「誘ってくれてありがとう。嬉しいです。実は、その日は別の予定が入っていて行けないんです。残念だけど、また別の機会があればお願いします。○○さんのことは、友達としてとても大切にしてるし、もっと一緒に話したいと思ってます。だけど、恋愛対象としては見ていないんです。ごめんなさい。」

【脈ありの場合】

    脈ありの相手の場合、以下の点に注意して断りましょう。

代替案を提示する

    もし可能であれば、代替案を提示すると相手に気持ちを受け止めやすくなります。

例:

「その日は予定があるので行けないのですが、別の日に食事でもどうですか?」

関係を続けたい場合は、その気持ちを伝える

    関係を続けたい場合は、その気持ちを伝えましょう。

「誘ってくれてありがとう。嬉しいです。実は、その日は別の予定が入っていて行けないんです。残念だけど、また別の日に食事でもどうですか?○○さんのことは、友達としてとても大切にしてるし、もっと一緒に話したいと思ってます。それに、○○さんのこと、好きになってきたような気がします。」

【一度OKしたデートを断る場合】

 一度OKしたデートを断る場合、相手を不快にさせずに断るのは難しいと感じるかもしれません。     しかし、誠実な対応をすることで、相手の理解を得やすくなります。

ポイント

できるだけ早めに伝える

 デートの直前になってキャンセルするよりも、早めに伝えた方が相手に迷惑をかけません。

正直に理由を伝える

 嘘をついたり、曖昧な理由を伝えると、相手を混乱させたり、不信感を抱かせたりする可能性があります。

謝罪の言葉を伝える

 予定を変更させてしまうことへの謝罪の言葉を伝えましょう。

代替案を提示する (可能であれば)

 もし可能であれば、代替案を提示すると相手も気持ちを受け止めやすくなります。

丁寧な言葉遣いを心がける

断る時は、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

 

例文

体調不良の場合

「○○さん、先日はお誘いいただきありがとうございました。楽しみにしていたのですが、体調が悪くなってしまい、デートをキャンセルさせてください。本当に申し訳ありません。」

 

予定が入ってしまった場合

「○○さん、先日はお誘いいただきありがとうございました。楽しみにしていたのですが、急遽予定が入ってしまい、デートをキャンセルさせてください。本当に申し訳ありません。」

 

気持ちが変わった場合

「○○さん、先日はお誘いいただきありがとうございました。色々考えたのですが、今は恋愛に集中する気持ちになれないので、デートをキャンセルさせてください。せっかく誘っていただいたのに、本当に申し訳ありません。」

本日のまとめ

  デートを断るのは簡単ではありません。しかし、感謝の気持ちを伝え、具体的な理由を丁寧に説明すれば、相手を傷つけずに断ることができます。

・脈なしの場合は、恋愛対象として見ていないことを明確に伝え、今後も友達として関係を続けたい場合は、その気持ちを伝えましょう。

・脈ありの場合は、代替案を提示したり、気持ちに正直になったりして、相手に気持ちを伝えましょう。

・一度OKしたデートを断る場合は、できるだけ早めに、正直に理由を伝え、謝罪の言葉を伝えましょう。

 例文を参考に、あなたに合った断り方を見つけてください。

 相手を思いやり、誠実な対応をすることで、相手もあなたの気持ちを理解してくれるはずです。

 このブログが、あなたの恋愛のお役に立てれば幸いです。