WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【嫁VS姑】姑と良好な関係を築く秘策を大公開!

姑と円滑な関係を作るには

嫁姑問題はいつの時代も永遠のテーマ?かもしれません。お姑さんとは「特別に仲が悪いわけではない」「嫌いではない」けれど、なんとなくよそよそしかったり、気を使って疲れてしまったり、ということはありませんか? そこで、本日は義母と上手く付き合う方法について解説しています。嫁姑問題で仲良くするコツや賢い接し方についてご紹介します。

 

姑との関係に疲れないために

良い嫁を演じすぎない

 結婚当初は、少しでもよい印象を持ってもらいたいという気持ちから、常に笑顔を作り、がんばるお嫁さんもいます。

 しかし、がんばりすぎるとストレスが溜まり、後で息切れしてしまいます。

    お姑さんとは長い付き合いになります。同居となればなおさらです。

 あまり我慢しすぎず、甘えられるところは甘えるくらいでの気持ちで、ちょうどよいのではないでしょうか。

ほどよい距離感を保つ

 心理的にはもちろん、物理的にも適度な距離を保つようにしましょう。

 同居の場合は難しいかもしれませんが、二世帯住宅などでお互いの生活スペースがとれていると、ストレスがたまりにくくなります。

 逆に、別々に暮らしていても、「近所だから」などの理由であまりに頻繁に行き来していると、生活習慣や考え方のちがいが目につき、お互いに不満をためてしまうこともあります。
 一方、まったく音沙汰なし、というのもお姑さんにとっては寂しいものです。

 メールや電話でコミュニケーションをとるように心がけたり、誕生日や母の日、父の日などにはプレゼントを贈ったりするといいですね。

夫にあいだに入ってもらう

 不幸にして嫁姑のあいだにトラブルが起きてしまったら、解決のキーパーソンになってくれるのは夫です。

 嫁としての自分の気持ちをわかってもらい、ときには言いづらいことを代弁してもらいましょう。

 もちろん、「お義母さんと私、どっちの味方なの!?」などと詰め寄るのはNGです。

 夫の立場からすると、どちらも大切な存在ですから、過剰な期待をかけすぎないことも大切です。

姑との関係を円滑にするコツ

挨拶をしっかりする

「挨拶上手は敵なし」という言葉があります。

 相手の目を見て、大きな声ではっきりと笑顔を浮かべてあいさつする人は、好印象を持たれます。

 姑に対してもそれは同じです。

「おはようございます」「ありがとうございます」「失礼いたします」「すみません」のあいさつと、受け答えの「はい」を明るく元気にするだけで、印象は良くなります。

会話に困ったら、「さ・し・す・せ・そ」の法則

    興味のない話題にも、相づちを打たなければならないことがありますよね。

そんなときは、

さ:「さすがですね」

し:「知りませんでした」

す:「すごいですね」

せ:「せっかくですので」

そ:「そですね」

 このように「さしすせその法則」を心がけましょう。

    たとえ会話にイラっとしても、この言葉が頭にあれば、少しは楽になります。

 

※会話が弾む挨拶の仕方について解説しています。

 

www.wakatusmile.com

 

姑との会話で気をつけたいこと

「A子さん、来週の日曜はよろしくね」

と、姑から電話がかかってきました。

「来週って‥‥何でしたっけ?」

と質問すると、

「あらやだ!〇〇(夫)には伝えたけれど、うちの人(義父)の古希祝よ!いろいろ手伝ってもらいますからね~」

とのこと。

 

 夫が教えてくれなかったことはもちろん、姑の命令口調にもいら立ちを覚えたA子さん。

    そもそも来週の日曜日は、パートの仕事があります。

そこで、

×「わたしは聞いていません。それに、仕事がありますので!」

と断りを入れようとしたところ、

「聞いてないとはどういうこと?まさか長男の嫁が欠席なんてことないわよね?必ず出席してちょうだいね」

と電話を切られてしまいました。

 夫が日程を伝えなかった、という一番の問題点はさておき、この場合はどのように対応するのがよかったのでしょうか。

 

 姑の立場からすると、「夫の古希祝いを家族は気にかけていて当然」と考えています。

 ですから、「聞いていない」という答えは、家族なのにまるで他人事のように聞こえ、お客さま気分でいる態度を疑問に感じてしまいます。

 そして、いくら「聞いていない」と言ったところで、「じゃあ、いま伝えたからよろしく」と思われるだけです。

 残念ながら、姑に対しての「聞いていません」は、何も知らない非常識な嫁と認定されてしまう、逆効果のひと言なのです。

 

この場合は、

○「そうでしたか‥‥本当に申し訳ないのですが、その日は××でうかがえないんです。また、日を改めてお伺いします」

 と謝罪と自分の都合を伝え、

○「今後は直接教えていただけるとうれしいのですが‥‥」

と一歩引きながらもしっかりと釘をさすことで、姑の思いどおりにはいかない嫁であることを、さりげなく示しておきましょう。

 

  「聞いていないから、無理です」と突っぱねるのではなく、残念な気持ちと自分の都合、今後はどうしてほしいかを伝えましょう。

本日のまとめ

仲よくなるためのコツ

・良い嫁を演じすぎない

・ほどよい距離感を保つ

・夫にあいだに入ってもらう

 

姑との関係を円滑にするコツ

・挨拶をしっかりする

・「さ・し・す・せ・そ」の法則を使う