WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【夫婦仲をダメにするNG行動】夫婦関係に奇跡を起こす言葉を大公開!

仲が良い夫婦、そして仲が悪い夫婦の特徴とは?

いつまでも仲が良い夫婦と仲が悪い夫婦は、何が違うのでしょうか?本日は、仲が良い夫婦、仲が悪い夫婦の特徴について解説していています。そして夫婦関係に奇跡を起こす3Sの言葉を紹介しています。夫婦関係を改善したい、もっと仲良くなりたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

仲が良い夫婦の特徴

パートナーや家庭のエピソード話をする

 たとえ会話をする場所にパートナーや家族がいなくても、話題にたくさん含まれるケースがあります。

 話をする本人からすると、決して家庭円満を自慢しているわけではありません。

 パートナーや家族に関心があって強い信頼で結ばれているので、自然と家族の話をしてしまうのです。

 口からこぼれる羨ましい家族のエピソードは、良い関係を築けている証拠といえます。

感謝や愛情をきちんと相手へ伝えている

 感謝や愛情を言葉にするのは気恥ずかしいかもしれませんが、いくら夫婦といえども元は他人です。

 気持ちを言葉にしなければ、きちんと伝わらないでしょう。

 そのため、仲が良い夫婦は、日頃から「ありがとう」や「愛している」と言葉にしている傾向があります。

 感謝や愛情を伝えられて嫌な気持ちになる人はいません。仲良し夫婦は素直に、上手に気持ちを言葉で伝えているのです。

お互いがパートナーのことを信頼している

 仲が良い夫婦は余計な詮索をしない傾向にあります。

 お互いのことを疑い出すと、あれもこれもと考えなくても良いことまで気になり出すのです。

 ある程度自由になれる時間をお互いに認め合っているので、窮屈な感覚がありません。

 人は疑い出すとキリが無く、お互いに信頼し続けると束縛しないで自由に過ごせることを心得ているのです。

仲が悪い夫婦の特徴

周囲にパートナーの不満や愚痴ばかり言う

 仲の悪い夫婦は、本人を目の前にして平然とパートナーをけなす、思いやりに欠けることをする傾向があります。

 思いやりに欠けるので、お互いに一緒にいても不愉快になるだけです。そんな仕打ちを受けたパートナーは、逆の立場になると仕返しをします。

 この負のスパイラルから抜け出せずに、日が経つにつれ二人の溝を深めていくのです。

パートナーに関する話題を避けたがる

 夫婦仲が悪い人の特徴は、話題が旦那や奥さんのことになると、後ろめたさなどから極端に歯切れが悪くなります。

 その話題の間は輪から微妙な距離を保つようになり、話を聞いているのかわからない表情を浮かべます。

 本人は夫婦仲が悪いのを懸命に隠そうとするのですが、会話中のギャップで気づかれることが多いです。

 基本的に連絡を取り合わない

 急に飲み会の予定が入ったり、遅くまで残業になったりしても、全く連絡をしないといった共通点があります。

 周りが気にして連絡するのを促しますが、本人は一切その気がありません。パートナーから連絡が入る様子もないのです。

 夫婦間で興味がなくなっているのが原因であり、お互いのスケジュールも全く把握していません。

※夫婦喧嘩にもルールがる。ルールを守って、喧嘩をしても仲良くなろう。

 

www.wakatusmile.com

 

夫婦関係に奇跡を起こす3Sの言葉

 あなたのパートナーが、もじもじとこんなことを言い出したらどうしますか?

「財布を落としちゃった‥。3万円、入っていたんだけど‥」

 

ここで、

×「ばかだなあ」

×「財布どこに入れていたの!」

 と怒るように言っても、生産的ではありません。財布は戻りませんし、お互いに気まずい気持ちが残るだけです。

 

では、そんなときに、どんな「ひと言」があるかというと、まず

○「すごいね」

と口にします。

え?ほめることじゃないよね?いえいえ、そしてこう続けます。

○「普通さあ、そんなことなかなか言い出せないもんね。それを素直に言ってくれるあなたはすごいね。うれしい!」

 

このように常識ではとうてい喜べないような場面でも、とりあえず、

「すごい」

「さすが」

「素晴らしい」

の3Sを言ってみると、すべてがいい循環になります。

 

 重要なのは、とりあえず口にした後、その理由を考えてプラスすることです。こじつけっぽくても構いませんので、前向きに納得できる理由をつけることが大切です。

 そのためには、3Sを口にすると同時に、脳をフル回転させます。3Sは前向きスイッチのようなものです。

 

 つまり、脳を動かすきっかけとして3Sを口に出すわけです。3Sを口ぐせにしておけば、困難な場面でも解決するトレーニングが、普段からできてしまいます。

 たとえて言ってみれば、つらそうなことがあっても、先に笑顔をつくっておくようなものです。

 脳科学的には、笑顔をつくれば自然といい感情が出てくるといいます。3Sもまた先に口にすることで、困難な場面でもいい感情で、対応ができたりします。

 

 では、奥さんの立場で、旦那さんから

「リストラされた」

と告げられたらどう答えたらいいでしょうか。やはりこれも同じ、まずは「すごいね」

と言ってあげます。

○「あなた、すごいね!私に言ってくれるのには勇気がいったでしょう」

そして

「そんなときになかなか言い出せずにいる旦那さんも多いって聞くけど、その日のうちに言ってくれるあなたって男らしいし、聞かせてもらえる私もうれしい」

 活字にするとオーバーかもしれませんが、暗闇に灯りをともせる言葉になります。

 

 それまでがっくりきていた旦那さんも、「ああ、こいつはオレの味方なんだな」と思ってくれてきっと元気を取り戻してくれるに違いありません。

本日のまとめ

仲が良い夫婦の特徴

・パートナーや家族のエピソード話をする

・感謝や愛情をきちんと相手へ伝えている

・パートナーのことを信頼している

 

仲が悪い夫婦の特徴

・周囲にパートナーの不満や愚痴ばかり言う

・家庭やパートナーに関する話題は避けたがる

・基本的に連絡を取り合わない

 

夫婦関係に奇跡を起こす3Sの言葉

・すごい

・さすが

・すばらしい