WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

【下から目線な人の特徴と対処法】自己評価を上げる話し方

下から目線な人の特徴と対処法について解説しています。

本日は、下から目線な人の特徴と対処法について解説しています。そして、下から目線な人への接し方を紹介しています。

 

下から目線な人の特徴

自己評価が低い

 下から目線な人は、自分自身に対して自信を持てず、自己評価が低い傾向があります。

 自分に自信がないので、行動する前から「できない」「うまくいかない」と考えてしまいます。

 このような思い込みを持つと、行動ができなくなるので、ますます自信がなくなるという悪循環になります。

 また、他人と比較して、「自分はダメ」と落ち込みやすい傾向があります。

 このように、自己否定的な考え方や自己価値の低さが日常的に現れます。

※自分に自信がある人の特徴と自信を持つ方法について、こちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

 

www.wakatusmile.com

 

自己主張が苦手

 下から目線な人は、自己主張することが苦手で、他人の意見や要求を優先する傾向があります。

 「あの人と違う意見を言ったら嫌われるのではないか」「反対したら怒られるかもしれない」などと、相手の顔色を窺ってしまう傾向があります。

 反発されるのを恐れるあまり、言うことを諦めてしまったり、我慢したりすることもあるでしょう。

 そのため、自分の意見や感情を適切に表現することが難しいと感じることが多くあります。

※自己主張が強い人の特徴や接し方について解説しています。せひ参考にして下さい。

 

www.wakatusmile.com

 

自己成長への取り組みが不足している

 下から目線な人は、自己成長や目標達成に対して積極的な姿勢を持ちにくいです。

 その大きな理由が「失敗に対する恐怖が強い」ことです。

 成長するためには挑戦がつきものであり、失敗に対する恐怖が強いとそもそも挑戦することができません。

 したがって、常に安パイな選択肢をとってしまいます。

    そして、自分に対して期待が低いため、自己啓発や挑戦を避けてしまいがちです。

下から目線な人に対する対処法

応援と称賛

 下から目線な人に対して、彼らの長所や成果を認め、応援しましょう。

 彼らに自己評価を高める機会を与えることで、自己肯定感を促進させることが重要です。

受容と理解

 下から目線な人の感情や意見を尊重し、彼らが自分を自由に表現できる場を提供しましょう。

 彼らが自己主張する機会を与えることで、自信を培うことができます。

目標設定と挑戦のサポート

 下から目線な人には、具体的な目標設定や自己成長の機会を提供しましょう。

 彼らが自分自身に対して挑戦することを支援することで、自己成長の意欲を高めることができます。

下から目線な人との接し方

共感と理解の姿勢を示す

「自分に自信が持てない」

「自分の考えや意見を主張できない」

「チームで目標に向かっていても、消極的な姿勢になってしまう」

 このように、下から目線な人がいます。

そんな人に対して、つい

×「お前はいつも弱気だ。もっと自信をもてよ」

このように言いたくなることもあるでしょう。

 しかし、この言葉は、相手の自己評価を問題視する言い方です。

    彼らに対して無理なプレッシャーをかけることになります。

また、

×「お前は何もできない」

×「ダメなやつだな」

 など、否定的 な言葉や批判的な表現は避けましょう。

    彼らの自己評価を下げることになります。

 下から目線な人と話すときに大切なことは、相手を尊重し、共感や理解を示す姿勢を持つことです。

 意見の相違や誤りがあっても、対話を通じて建設的な解決策を見つけるために、相手を傷つけずに話し合うことが大切です。

 

 ですから、下から目線な人に対しては、次のような言葉をかけることで、彼らの自己評価を向上させ、自信を育むことができます。

〇「あなたの取り組みや努力は素晴らしいですね」

 彼らが努力していることを認め、成果や取り組みに対して称賛の言葉をかけます。

   結果、彼らは自信をつけることができます。

 

〇「自分の得意なところを活かして、自信を持って取り組んでください」

 彼らが持つ得意な能力や特徴を強調し、それを活かして自信を持って取り組むように促す言葉をかけることが大切です。

 

〇「あなたの個性や人柄は魅力的です」

  彼らの個性や人格について、ポジティブな評価や特徴を指摘することで、自己評価を向上させることができます。

 

 大切なのは、彼らの弱点や不安を強調せず、ポジティブな言葉や励ましの言葉を使って彼らをサポートすることです。

 下から目線な人に対して理解と受容の態度を持ちながら、自己評価を高めるために必要な言葉をかけましょう。

※参考記事:上から目線な人の特徴について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

本日のポイント

下から目線な人の特徴

・自己評価が低い

・自己主張が苦手

・自己成長への取り組みの不足

 

下から目線な人に対する対処法

・応援と称賛

・受容と理解

・目標設定と挑戦のサポート