WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【気づいてないだけかも?】精神的苦痛。「モラハラ」被害にあってませんか?

モラハラする人の特徴とは?

職場で「無視をする」「仕事を回さない」…。家庭で夫が妻に対して「収入がないことをなじる」。このように精神的なダメージを与えることをモラルハラスメント(モラハラ)といいます。モラハラは被害を受けていても、それに気づかないケースも少なからずあります。今回はモラハラについて解説し、その対処例を紹介しています。

 

 職場で「無視をされる」「仕事を回されない」「飲み会に一人だけ誘われない」‥。このように精神的なダメージを与えることをモラルハラスメント(モラハラ)といいます。

 職場に限らず、家庭でも夫が妻に対して「収入がないことをなじる」「貶めることを言う」「極端に束縛する」こともモラハラとなります。

 モラハラ被害にあっている人は、自分でもモラハラ被害にあっていることに気づいていないことが多くあります。

 職場や家庭で精神的な苦しさを感じている人は、モラハラとはどういったものなのかを知り、対処することが大切です。

 モラハラとは?

 モラハラとはモラルハラスメントの略称です。肉体的暴力によるものではなく、道徳や倫理に反した嫌がらせで相手を精神的に追い詰める行為全般を指します。

 厚生労働省の「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト【こころの耳】」によると、モラハラとは

 「言葉や態度、身振りや文書などによって、働く人間の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、その人間が職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くさせることをいいます。パワハラと同様に、うつ病などのメンタルヘルス不調の原因となることもあります」

とされています。

kokoro.mhlw.go.jp

モラハラをする人の特徴

二面性がある

 モラハラをする人の典型的な特徴は、二面性といわれています。

例えば

・近所や友人からは「いい人」「優しい人」で通っているが、家庭内では妻に言葉の暴力を振るう。

・職場の上司や取引先には、「仕事がよくできる」「温厚である」と評価されているが、特定の部下には、無視をしたり暴言を吐いたりする。

 このように、二面性(表と裏の顔)を持ち合わせています。

    そのため、モラハラを受けている人が周囲に相談しても、「あの人に限って‥」「そんなこともあるよ」というように、なかなか信用してもらえないことがあります。

人格を否定する

 モラハラをする人は、自分に対して根拠のない自信を持っており、常に人を見下しています。

 自分への自信に対する思いから「こんなこともできないのか」「役立たず」「最低だな」など、相手の人格を否定する発言をします。

 相手がこれを言ったらどう思うかなど感情は一切考えず、自分本位で失礼な言葉を口にします。

間違いを認めない

 モラハラをする人は失敗をしても、自分の過ちを認めません。言い訳をしたり、人のせいにしたりして、自分は悪くないことを主張します。

 例えば

・仕事で失敗をしたら、部下のせいにする

・性格が悪いと言われたら、母親のせいにする

 このような言動を繰り返していると、回りから人は離れていきます。

    その離れていく人に対しても、自分のことを棚に上げて「裏切りもの」と批判をします。

モラハラをする人への対処例

職場

 「オマエはダメだ!」「もう一度やり直せ!」という割に「何が悪いのか」「どこをどう直せばいいのか」を具体的に教えてくれない上司がいます。

 このタイプの上司は、部下に対して「直させたい」「成長させたい」と思っているのではなく、単に「苦しめたい」だけです。

 

そんな上司への対処法は

「具体的にどうすればいいですか?」

と質問することです。

質問する際のポイントは、「相手を立てて、自分を落とす」ことです。

例えば、

〇「〇〇さんに認めてもらえるようになんとか頑張りたいのですが、具体的にどうしたらいいか、わからなくなってしまっているので、一つだけアドバイスをいただけませんか?」

〇「経験豊富な〇〇さんなら、こんなとき、どんな対処をするのか、その知恵を少しだけ聞かせてもらえませんか?」

 このような言い方をする目的は、もちろん、その上司から具体的なアドバイスを引き出すことです。

しかし、それ以上に

「とりあえず、相手を喜ばしてやれ…」

という軽い気持ちを持つことです。

 モラハラ上司とは、あまり深刻に向き合おうとせず、「表面上のつきあい」でうまくこなそう、という意識を持つようにしましょう。

夫婦(夫が妻に対してモラハラする)

 夫が妻に行うモラハラとして「妻の仕事(家事も含めて)バカにする」「料理を食べない」「妻が掃除したあとでやり直す」「いつも不機嫌」などがあります。

 

そんな夫への対処法としては、勇気を出して

「どうしてそんなことをするの?」と聞いてみることです。

そして

「私、とっても傷ついているんだけど…」という事実をはっきりと夫に伝えます。

 

例えば、夫が妻の仕事(家事も含めて)バカにするケースでは、

〇「あなたから見ればたいした稼ぎではないかもしれないけど、私なりに一生懸命やっているのよ。だから、それだけは認めてほしいの」

〇「あなたがたいへんなのは十分にわかっているし、感謝もしている。だけど、私も私なりに頑張っているの」

    このように、相手を尊重する話しを付け加えるとよいでしょう。

 モラハラをする心理の一つに、「自分はこんなに頑張っている」ことを認めてもらいたいという強い承認欲求があります。

 夫を認めてあげれば、妻の主張にも耳を傾けやすくなります。

本日のまとめ

モラハラをする人の特徴

・二面性がある

・人格を否定する

・間違いを認めない

 

 どのような理由があろうとも、人の心を傷つけ、メンタルを蝕んでいく「モラハラ」は立派な暴力です。

 いちばんの対処法は物理的な距離を開けることです。

    被害を受けたら、信頼できる人や専門家などに相談することが大切です。

    しっかりと対処して自分の身を守りましょう。

kokoro.mhlw.go.jp