WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【感謝の気持ちが格段にアップして伝わる!!】「ありがとう」に「褒め言葉」を添える。

褒め上手な人の特徴

皆さんは、人から助けてもらったり、何か物をもらったりしたときに、感謝の気持ちを上手く伝えられていますか?本日は、感謝の気持ちを伝えるときのポイントを紹介しています。そして、お礼を伝えるときに「褒め言葉」を添えることで、感謝の気持ちがより一層、伝わりやすくなることを解説しています。

 

感謝の気持ちを伝えるときのポイント

すぐに伝える

 何か助けてもらったときや、「ありがたい」と感じたときは、その場ですぐに「感謝の気持ち」を伝えるようにしましょう。

 後から伝えようとすると、かしこまった感が出たり、他人行儀で照れくさくなったりしてしまうことがあります。

理由も添えて伝える

 「ありがとう」という言葉とともに理由を添えることも効果的な「感謝の気持ち」の伝え方です。

 例えば、仕事を手伝ってもらった際には

「手伝ってくれてありがとう。おかげで早く終わって、助かったよ」

 このように、理由を伝えることで、より「感謝の気持ち」が強調されます。

笑顔で伝える

 口では「ありがとう」と言っていても、顔が無表情だったらどう感じるでしょうか。相手は「本当はそうおもってないのかな」と不安に思ってしまうかもしれません。

「感謝の気持ち」は、ポジティブな気持ちなので明るい表情で伝えてあげると、相手に気持ちが伝わりやすくなります。

感謝を述べるときに、褒め言葉を添える

「ありがとう」という感謝の言葉を述べるときは、ほめ言葉を添えると効果的です。

「ありがとう」は一般的に使われる社交辞令ですから、言いっ放しでは実感がこもりにくいといえます。

 そこに、ほめ言葉をひとつ加えると、「ありがとう」がもつ印象がぐんとアップします。

例えば

 友人から、「このミステリー、めちゃくちゃ面白かったわよ」と、一冊の本を貸してもらったとします。

 さて、読み終わった本を返すとき、

「ありがとう。面白かった」

だけでは、味気ない印象です。

 

これに続けて、

「さすが、○○さんは読書家ね。ベストセラーの本ではないけれど、しっかりいい本を見つけ出しているのね」

という言葉が加われば、

「ありがとう。面白かった」

という言葉の風味が一段と引き立ちます。

 

さらに、

「あなたは、どんな点が面白いと思った?」

と尋ねてみてはどうですか。

「私は、登場人物の誰々の生き方に感動した」

と、相手が答えたとします。

そこで、もうひとつ、

「深い読み方をしているのね」

と褒めれば、相手は

「本を貸してあげて本当によかった」

と満足し、「この人とは、いい話ができる」と友情の絆も強まっていくのではないでしょうか。

褒め言葉に重宝する「深い」

仕事の助力をあおいだ人にお礼をいうとき

「あなたのように深いお考えでお力添えいただくと、私のような浅はかな人間は本当に助かります。ありがとうございました」

人を紹介してもらった人にお礼を言うとき

「この分野に関して、あなたは本当に深い人脈をお持ちだ。うってつけの人を紹介していただき、感謝しています」

贈り物をもらった人にお礼をいうとき

「あなたの思いやりの心、たしかにちょうだいいたしました。深い味わいのあるお品、いつもながらいい品を選ばれると感心してるんですよ」

おもてなしを受けた相手にお礼をいうときは

「お心づかい、ありがとうございました。私の心にも深く伝わるものがございました

 

その他にも

「洞察力が深い」

「深い人間性を持っている」

「思いやりが深い」 

などがあります。

「深い」という言葉を使うだけで、感謝の気持ちがより強く伝わります。

 このように、お礼を伝えるときに褒め言葉が自然に口から出るようになれば、「きめ細やかな心の、とてもいい人」という評価につながります。

 

 今からでも「お礼+ほめる」という意識を強く持って、自分なりの型を身につけるように訓練してみてはどうでしょうか。

 あなたは、いつのまにか「なんか感じのいい人」といわれる人になっているはずです。

本日のまとめ

感謝の気持ちを伝えるときのポイント

・すぐに伝える

・理由も添えて伝える

・笑顔で伝える

 

 お礼を述べるときには、褒め言葉を添えるようにしましょう。感謝の言葉「ありがとう」の印象が格段にアップします。

 「お礼+ほめる」という意識を強く持って、自分なりの型を身につけるようにしてはいかがでしょうか。