WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

職場で評価を上げる方法:キャリア成長のためのステップ

職場で評価されない人の特徴と口癖を解説

職場での評価は、キャリアや成長において重要な要素です。評価が低い状況から抜け出し、評価を上げるための方法やポイントを探求してみましょう。本日は職場で評価が低い人の特徴、評価を上げる方法について解説しています。

 

 職場において評価を上げることは、キャリアの成長やプロフェッショナルな発展において不可欠な要素です。

 評価を高めることは、自身のスキルや貢献を認められるだけでなく、組織内での影響力を増し、新たなチャンスをつかむ機会を広げることでもあります。

 しかし、評価を上げるためには単なる努力だけでは十分ではありません。自身のコミュニケーションスタイルや行動、思考の仕方などが、評価に影響を及ぼすことも少なくありません。

 このブログでは、職場で評価を上げるための効果的な方法やポイントを探求していきます。

職場で評価されない人の特徴 

仕事内容を理解できていない

 自分では頑張っているつもりが、本当にやるべきことをわかっていないことで空回りしてしまう人がいます。 

 これは、仕事内容をきちんと理解できていないことが原因です。求められていることができていなければ、よい評価はもらえません。

同じミスを繰り返す

 同じミスを繰り返してしまう人も、仕事ができない人と判断されてしまうでしょう。

 失敗から学ぶことは大切ですが、同じミスが2回以上重なれば「成長しない人」と判断されます。

 一度言われたことを理解・実践できない人は、今後どんな職場に行っても良い評価はもらえないでしょう。

自発的に動けない

 「指示されるまでは何もしない」といった、自発的に動けない人もよい評価はもらえません。

 いわれたことだけをこなす「指示待ち人間」では、仕事への意欲が低いと思われてしまいます。

 会社や上司が求めているのは、指示を完璧に行う人ではなく、指示しなくても自分で考えて行動できる人です。

 会社のために何が必要なのかを自ら想像し、率先して行動するようにしましょう。

何でも人や環境のせいにする

 「何も言われていないから納期に間に合わなかった」といったように、何でも人や環境のせいにする人はよい評価は得られません。

 何でも責任を人に押し付けているようでは、職場の人間関係も悪くなってしまうでしょう。

 社会人として仕事をする以上、自分の判断や行動に責任を持つ必要があります。評価を得るためには、責任感を持って主体的に行動することが大切です。

上司との関係が良くない

 上司との関係性が良くないと、良い評価を受けるのは不可能です。

 上司の管轄内であれば、いくら成果を出そうと「評価するのは上司」です。日ごろの関係性がモノを言うでしょう。

 とは言っても、部下との関係性を理由に正当な評価をしない上司は「ダメ上司」なので、部署異動や転職も視野に入れるべきです。

 ただし、一度客観的に見て「関係性の悪さが自分の非ではないこと」を確認してください。

職場で評価を上げる方法

 職場で評価を上げるためには、大きく分けて以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

成果を上げる

 評価の基本は、成果を上げること。仕事の量や質、スピード、チームへの貢献度などを評価されることになります。

 そのため、まずは自分の仕事でしっかりと成果を上げることが重要です。

 

 成果を上げるためには、まず自分の目標を明確にしましょう。

 目標がなければ、何を頑張ればいいのかわかりません。また、目標を達成するために必要なスキルや知識を身につけることも大切です。

周囲と良好な関係を築く

 評価は、上司や同僚など周囲の人間関係も大きく影響します。周囲と良好な関係を築くことで、信頼を得て、より良い評価に繋がります。

 

 周囲と良好な関係を築くためには、まずは挨拶やコミュニケーションをしっかりと心がけましょう。

 また、相手の話をよく聞き、相手の立場に立って考えることも大切です。

自ら積極的に行動する

 評価は、ただ指示された仕事をこなすだけでは上がりません。自ら積極的に行動し、新しいことに挑戦する姿勢も評価されるポイントです。

 

 自ら積極的に行動するためには、常に新しい情報を収集し、自分のスキルアップや成長に努めることが大切です。

 また、上司や同僚に積極的に相談し、新しい仕事やプロジェクトにチャレンジする機会を増やしましょう。

 

具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。

・目標を立て、達成に向けて努力する

・スキルアップや資格取得に励む

・新しいことにチャレンジする

・積極的にコミュニケーションをとる

・周囲に貢献する

仕事の成果を数値化できる形でアピールする

 これらのポイントを意識して、日々の仕事に取り組んでいきましょう。

職場で評価を上げる話し方

職場でなかなか評価されない人は、

×「わかりません」

×「できません」

という言葉が多いと言われています。

 

 会話の中で、同僚から

「この件、どうすればいいか、わかる?」

と聞かれて、

×「私の担当じゃないから、わからない」

という答え方をします。

 

 会議の中で、上司から

「この仕事を任せたいんだけど、できる?」

と聞かれて、

×「まったく未経験なので、引き受けかねます」

と答えます。

 このようなタイプの人は、まわりの人たちにとって、頼りない人に見えてきます。ですから、それ以上、話も進まず、評価が上がりません。

 

 たとえ「わからない」「できない」ことがあっても、話を前に進めるためには、上手な言い方があると思います。

○「私にはよくわからないけど、〇〇さんは詳しいから、聞いてみたら?」

○「この分野の仕事をした経験はないのですが、任せてくださるのなら挑戦してみます。ただ、不安な点もあるので、教えてください」

というような言い方です。

 つまり、一方的に「わかりません」「できません」で終わらせるのではなく、次のステップへ進むために必要なことを言い添えることが大事なのです。

 そのために、「こうしたら?」と提案したり、「ここは教えてほしい」と、こちらから質問したりします。

 そんな話し方ができれば、きっと、職場での評価も上がるでしょう。

コミュニケーション・会話ランキング
コミュニケーション・会話ランキング

人間関係ランキング
人間関係ランキング

本日のまとめ

職場で評価されない人の特徴

・仕事内容を理解できていない

・同じミスを繰り返す

・自発的に動けない

・何でも人や環境のせいにする

・上司との関係が良くない

 

職場で評価を上げる方法

・成果を上げる

・周囲と良好な関係を築く

・自ら積極的に行動する

 

職場で評価を上げる話し方

×「わかりません」×「できません」

○「こうしたら?」○「ここは教えてほしい」