WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

【ずる賢い人の特徴と巧妙な駆け引きに勝つ方法】効果的な対策と話し方

ずる賢い人の特徴と効果的な対策法を紹介しています。

みなさんの周りに、ずる賢い人はいませんか?ずる賢い人とは「平気で人を利用する」「損得勘定で行動する」「逃げ足が速い」人です。本日は、ずる賢い人の特徴と接し方を紹介しています。そして、ずる賢い人への効果的な対策と話し方を紹介しています。

はじめに

「あれ?この人、なんかずる賢いな…」

 社会生活を送っていると、そんな人に出会うことがあります。

 一見すると魅力的で、周囲をうまく操る彼らは、自分にとって都合の良いように状況をコントロールし、利益を得ようとします。

 しかし、そんなずる賢い人に振り回されてはいけません。

 このブログでは、ずる賢い人の特徴と、彼らに振り回されないための対処法について解説します。

 具体的な事例や会話例などを盛り込むことで、より理解を深め、実践しやすい内容にしています。

 

 このブログを読むことで、あなたは

・ずる賢い人の特徴を理解し、見抜くことができるようになります。

・ずる賢い人にうまく立ち回れるようになり、自分自身を守ることができます。

・周囲の人との信頼関係を築き、より充実した人間関係を築くことができるようになります。

 ぜひ、このブログを参考に、ずる賢い人に振り回されることなく、自分らしい生き方を実現してください。

ずる賢い人の特徴

自己中心的

 ずる賢い人は、しばしば自分自身の利益や目的のために行動します。

 彼らは他人を利用したり、裏をかいたりすることを厭わず、自己中心的な傾向があります。

 普通の人であれば他人を利用しようとした時に罪悪感を感じたりしますよね。

 しかし、ずる賢い人の場合は罪悪感を感じたりしません。

 ですから、自分が有利な立場に立つために平気で人を利用することができます。

 

※自己中心的な人の特徴と対処法について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

人間分析が上手

 ずる賢い人の特徴として、人間分析がかなり上手だということも挙げられます。

 ずる賢い人は、人をうまく利用することをずっと考えています。

    ですから、どういう性格でどういうタイプの人間とはどう付き合えばうまく利用できるか、という分析を常にしています。

 常にそんなことばかり考えているので、人間分析がかなり上手で、大体のタイプの人間とうまく付き合うことができます。

 そのため、ずる賢い人はその性格とは裏腹に、顔が広く人気者であることも珍しいことではありません。

相手によって態度を変える

 ずる賢い人は、相手によって態度を変えるという特徴があります。

 ずる賢い人は自分の立場をよくすることや自分にとっていい状況にもっていくことを最優先にします。

 そのため、その時自分にとって一番有益に働いてくれる人に媚びを売ろうとするのです。

  自分にとって有益になりうる存在、上司など、目上の人にはへつらったりしますが、自分にとって有益にならない部下や後輩には、冷たい態度で接します。

ずる賢い人への対処法

曖昧な態度をとらない

 ずる賢い人は、自分の利益のために他人を利用しようとすることがあります。

 利用されないためには、曖昧な返事や態度はしないようにしましょう。

    はっきりしない曖昧な態度をすると付け込まれしまう可能性があります。

 また、曖昧な態度は相手から見れば押しに弱い流されやすい人だと思われてしまいます。

 自分の価値観や利益を守るためにはっきりとしたスタンスを示し、彼らが越えてはならないラインを明確にしましょう。

余計な話はしない

 ずる賢い人に利用されないためには余計な話はしないことが大切です。

 あれこれプライベートな話をすると、ずる賢い人のなかにはそれを利用しようとする人がいます。

 ずる賢い人は、コミュニケーション力が非常に高いため、会話をすると余計な話やプライベートな話をしてしまいがちです。

 あなたから秘密や愚痴や悪口などを引き出そうとして、あれこれ詮索してきます。

    これを回避するにはなるべく必要最低限の話だけをすることです。

味方を得る

 ずる賢い人への対策は一人では難しい場合があります。

    彼らとの関係においては、信頼できる味方を得ることが有益です。

 他の人々と情報や経験を共有し、サポートを受けることでより強力な立場を築くことができます。

 周囲とコミュニケーションを丁寧に行い、誠意を持って接すれば、味方は徐々に増えていくでしょう。

ずる賢い人への効果的な対策と話し方

冷静に批判する

「平気で人を利用する」

「損得勘定で行動する」

「逃げ足が速い」

など、ずる賢い人がいます。

 

 そんなずる賢い人に対して、ときにはイラッとして打ち負かしてやろうと思うこともあるかもしれません。

そんなとき、

×「信じられない」

×「ばかげている」

×「お前は、騙すつもりだろう!」

と言いたくなる気持ちはわかります。 

 しかし、このような否定的な表現は、相手に攻撃的な印象を与えてしまいます。

 相手は攻撃されていると感じたら、自己防衛本能から、感情的になるかもしれません。

    そうなると、対話を一層悪化させてしまいます。

 

    ずる賢い人を批判したいなら、まずは心を落ち着かせることが大切です。

そして、

○「あなたの行動は他の人に迷惑をかけています」

○「あなたのやり方には疑問があります」

など、具体的かつ冷静な言葉で、相手の行動に対する懸念や批判を伝えます。

   

それから、相手に自分の行動に責任を取ることを求めてみましょう。

○「あなたは自分の行動に責任を持つべきです」

などといった話し方がいいと思います。

 

ずる賢い人に、態度を改めてほしいなら

○「信頼関係を築くためには、誠実さが必要です」

と、公正さや正直さの重要性を訴えて、相手を促します。

 

 こういったことを伝えたからといって、すぐに変化があらわれることはないかもしれませんが、継続することで改まる可能性が出てきます。

コミュニケーション・会話ランキング
コミュニケーション・会話ランキング

人間関係ランキング
人間関係ランキング

本日のまとめ

ずる賢い人の特徴

・コミュニケーション能力が高い

・自己中心的

・相手によって態度を変える

 

ずる賢い人への対処法

・曖昧な態度をとらない

・余計な話はしない

・味方を得る

 

効果的な対策と話し方

冷静に批判する