WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

自虐的な人との上手な付き合い方:心理面と行動面の特徴

自虐的な人の特徴と接し方

このブログでは、自虐的な傾向を持つ人々とのコミュニケーションに焦点を当て、心理面と行動面の特徴を探り、適切な接し方やサポートの方法を提案しています。自虐的な言動や感情に理解と共感をもってアプローチすることで、より良い関係を築くための手助けとなる情報をお届けします。

 

はじめに

 あなたは、周囲に自虐的な人がいると感じたことがありますか?

 自分自身を否定的に評価し、卑下するような発言をする人。一見、謙虚さやユーモアのように見えることもありますが、その根底には自己肯定感の低さや不安といった心理的な問題が潜んでいることがあります。

 このブログでは、自虐的な人の特徴と心理状態、そして適切な接し方について解説します。

 自虐的な発言の裏にある真意を理解し、相手との信頼関係を築きながら、自信を取り戻せるようサポートするために、役立つ情報を提供していきます。

 

・自虐的な人と接する際に、不安や戸惑いを感じている方

・自虐的な人の心理を理解し、より良い関係を築きたい方

・自分自身の自信を取り戻したい方

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

※このブログは、あくまでも一般的な情報提供を目的としています。専門的な診断や治療が必要と思われる場合は、医療機関や専門家に相談することをおすすめします。

自虐的な人の特徴

【心理面】

自己評価が低い

 自虐的な人は、自分のことを低く評価し、自分を否定する傾向があります。

 そのため、自分の弱点や過去の失敗にばかり目を向けてしまい、自分の良いところや長所を認めることができません。

守りに入る

 自虐的な人は、自分の感情や期待に対処するために、自分を守ろうとすることがあります。そのため、他者との関わりを制限したり、感情を表に出さないようにしたりします。

他者の評価に依存する

 自虐的な人は、他者からの評価や承認を強く求める傾向があります。相手に好かれたり、認められたりすることで、自分の価値を感じようとするのです。

マウントを取りたい欲求

 一部の自虐的な人は、他者に対して優位に立とうとする欲求を持っています。これは、自分の弱さや不安を他者よりも上手に隠そうとする行動と結びついています。

 

【行動面】

自分の失敗や欠点ばかりを話す

 自分の失敗や欠点ばかりを話すことで、自分を卑下し、相手に好かれたい・認められたいという気持ちを伝えようとします。

いつも自分を卑下するような発言をする

 「私はダメだ」「何をやっても上手くいかない」といった自己卑下的な発言を頻繁にします。

 これは、自分の自信のなさや、相手に好かれたい・認められたいという気持ちの表れです。

相手の笑いをとるために自虐的な発言をする

 自虐的なユーモアを使って、相手の笑いをとろうとします。これは、他者との関係を円滑に保とうとする一環として行われることがありますが、過度な自虐は逆効果となることもあります。

自虐的な人との接し方

相手の気持ちに寄り添う

 自虐的な発言は、相手が不安や悩みを抱えているときにすることがあります。そのため、まずは相手の気持ちに寄り添い、共感することが大切です。

相手の良いところを認める

 自虐的な人は、自分の良いところや長所を認めることができていないことが多いです。そのため、相手の良いところを認めてあげることで、自信をつけてもらうことができます。

自虐的な発言を無視する

 自虐的な発言が度を過ぎている場合は、自虐的な発言を無視することも大切です。

 自虐的な発言をしても相手が反応しなければ、相手は自虐的な発言をすることで注目を集めることができなくなり、自虐的な発言を減らすことができます。

 ただし、相手が自虐的な発言をすることで、自分自身が傷ついたり、不快になったりする場合は、その旨を相手に伝えることも大切です。

具体的な対処法

 以下は自虐的な人への具体的な対処法の一例です。ポイントは、相手の心理状態を理解した上で、適切な言葉を選ぶことです。

自分に自信がなく、守りに入っている人に対して

「そんなことないよ。あなたは優れているところがたくさんあるよ」

「あなたは、自分を卑下しないでほしい」

「あなたは、もっと自分のことを認めてあげるべきだよ」

相手に好かれたい・認められたいという気持ちが強い人に対して

「あなたの良いところは、○○だよ」

「あなたは、○○が得意なんだよね」

「あなたは、○○が素敵だよ」

マウントを取りたい・優位に立とうとしている人に対して

「それは、あなたの良いところだよ」

「それは、あなたの強みだよ」

「それは、あなたの魅力だよ」

 

 また、自虐的な発言が度を過ぎていると、相手に不快感を与えてしまうことがあります。

 そのような場合は、以下のような言葉をかけてあげるとよいでしょう。

「そういうことを言うと、私はあなたを心配してしまうよ」

「そんな風に自分を卑下しないでほしい」

「あなたには、もっと良いところがあるんだよ」

 

 自虐的な人は、自分に自信がなく、自分の価値を認めることができていません。

 そのため、相手の良いところを認めてあげたり、自虐的な発言を無視したりすることで、自信をつけてもらい、自虐的な性格を治す手助けをすることができます。

具体的な言葉としては、以下のようなものが挙げられます。

「あなたは、いつも笑顔で明るいよね。私、そういうところが大好きだよ」

「あなたは、いつも周りの人の話をよく聞いてくれるよね。本当に優しい人だよね」

「あなたは、何かに挑戦するときは、最後まで諦めずに頑張るよね。そんなところがかっこいいんだよ」

コミュニケーション・会話ランキング
コミュニケーション・会話ランキング

人間関係ランキング
人間関係ランキング

本日のまとめ

自虐的な人の特徴

 【心理面】

・自己評価が低い

・守りに入る

・他者の評価に依存する

・マウントを取りたい欲求

【行動面】

・自分の失敗や欠点ばかりを話す

・いつも自分を卑下するような発言をする

・相手の笑いをとるために自虐的な発言をする

 

自虐的な人との接し方

・相手の気持ちに寄り添う

・相手の良いところを認める

・自虐的な発言を無視する

 

【具体的な対処法】

ポイントは、相手の心理状態を理解した上で、適切な言葉を選ぶことです。

・自分に自信がなく、守りに入っている人に対して

・相手に好かれたい・認められたいという気持ちが強い人に対して

・マウントを取りたい・優位に立とうとしている人に対して