WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【会話力が跳ね上がる!】相槌の3パターンを紹介

相槌の効果

自分の話し方に自信がない…会話に不安がある…という人は、相槌を意識することをお勧めします。自分が何か話そうとするのではなく、相手に話をしてもらうと考えたほうが、会話は上手くいきます。本日は、相槌の効果や、3つの相槌のパターンを具体例を付けて紹介しています。

 

相槌の効果

 相槌がもたらす効果は、大きく分けて2つあります。

 まず1つ目は、相手の会話を引き出すことができることです。

 「うんうん、それで、それで?」「よかったね!?」「嬉しかったでしょう?」などと相槌を打つことで、相手の話を引き出すことができます。

 話し手は自分の話に興味を持ってくれていると判断し、気分良く話すことができます。 話が弾み、その場の雰囲気も明るくできるでしょう。

 

 2つ目は、ちゃんと聞いていますよというサインを与えられることです。

 「ふんふん」「へぇ~」「そうなんだ~」などと相槌を打つことで、相手は自分の話をしっかりと聞いてくれていると判断します。相手は安心して話を続けることができます。

相槌の3パターン

 ふむふむ、なるほど、へぇ‥‥といった短い単純な相槌は、いわば話の「間合い」のようなものです。

 「そうですね‥‥」といった同意の意味はありますが、相手の話に積極的な関心を持っているという雰囲気は伝わりにくいものです。

 そこで、3つの相槌を紹介します。

 安心感を与える「オウム返し」

 オウム返しとは、

「最近、仕事が忙しくて辛かったよ」

という話に対して

「そうなんだ。仕事が忙しくて辛かったんだね」

というように、話し手の言葉を繰り返す話法です。

 オウム返しは、話し手に「話をちゃんと聞いてますよ」「あなたと同じ考えですよ」「あなたの気持ちわかりますよ」というメッセージを送ることができます。

 話し手は「聞き手は自分と同じ考えを持っていてくれている」「自分のことを分かってくれている」と感じることで、安心して話すことができます。

 オウム返しは、相手を安心させることで、信頼関係を築くことができるので、ビジネスなどの交渉の場でよく使われます。

話を引き出す「共感、同調」

 「風邪で寝込んでいた」という話に対して「辛かったよね」というように、相手の気持ちに寄り添って表現することを「共感する」と言います。

 共感の言葉を送ることで、話し手は「自分の気持ちに寄り添ってくれる人」「自分のことを気遣ってくれる人」と判断します。

たとえば、

「ふむふむ」「はい」「そうですか」

などのあとに、次のようなひと言をプラスしてみてください。

「大変でしたねえ」「そうだったんですか」「よかったですねえ」「ご心配ですねえ」

 

 人は、本能的に自分の気持ちを分かろうとしてくてる人と話をしたくなります。

話し手は「こんな話も」「あんな話も」もっと話をしたいという気持ちになります。

 このように、共感、同調の相槌は、話し手の話を引き出すのに効果的です。

相手に興味を示す「質問」

 「どうなったんですか?」「何をしたんですか?」というように、質問をすることで、話し手に、もっと話を聞かせてほしいという気持ちを伝えることができます。

 質問は、「あなたのことをもっと知りたいです」というサインです。 

 人は、自分に興味を持ってくれる人に対して好感を持ちます。話し手は、質問に答えながら、気分良く話をすることができるのです。

たとえば、

「なるほど。ところで先ほどの話をもう少しお聞かせ願えませんか?」

というような感じです。

 

 ただし、このような質問は、相手が何を話したがっているかを正確に把握していないと的外れなものになります。

 逆に言えば、聞き手が話し手の内容をしっかりつかんでいれば、相槌のあとの質問も的を射たものになります。

そうなれば相手も心地よいし、話もスムーズに進みます。

3パターンの相槌を使った会話例

オウム返し

相手「昨日の帰り、事故で電車が遅れて、駅で1時間も待たされたよ」

私 「えっ! 大変でしたね。駅で1時間も待たされたのですね」

相手「もう、クタクタだよ。家に付いたら、22時だったよ。」

私 「そうですよね。クタクタになりますよね」

相手「わかってくれるよね!(話が続く)」

 相手が話した言葉を繰り返すことで、「ちゃんとと聞いてますよ」「あなたの気持ちわかります」というサインを送ることができます。

※オウム返しについてはコチラを参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

共感

相手「休日にユニバに行ったんだよ!スーパーニンテンドーワールドに行ったよ」

私 「いいですね。スーパーニンテンドーワールドですか、楽しそうですよね、

   私も行ってみたいな」

相手「それでさ‥(話が続く)」

 相手の気持ちを察して、共感の言葉を送ります。相手は、「自分の気持ちをわかってくれる人」と判断して「こんな話も、あんな話もしてみよう」という気持ちになります。

質問

相手「昨日は家族で温泉旅行に出かけました」

私 「そうなんですね。どこの温泉に行かれたのですか?」

相手「有馬温泉です。金泉・銀泉があって、とてもリラックスできました」

私 「良かったですね。家族旅行は、よく行かれるのですか?」

 質問をすることで、「私はあなたに興味がありますよ」ということを伝えます。相手は、気分を良くして話に弾みがつきます。

本日のまとめ

相槌の効果

・相手の話を引き出すことができる

・相手の話を「ちゃんと聞いてますよ」というサインになる

3パターンの相槌

①安心感を与えるオウム返し

②話を引き出す共感、同調

③相手に興味を示す質問