WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

反応が薄いとは言わせない!熱意がこもった返事の仕方とは?反応が薄い人の特徴や心理、接し方も解説。

 

反応が薄い人

会話中に「あぁ‥」「うん‥」など気のない返事をされて、イラッとしたことはありませんか?このような反応が薄い人の特徴や心理、接し方を解説し、人から反応が薄い人と言われないための対処法を会話例を挙げて紹介しています。

 

 こちらが熱意を込めて話しているのに、聞いているのか聞いていないのか、反応が薄い人がいます。

 反応が薄い人とは、「あぁ…」「うん…」「そう‥」といった一言で、気のない返事しか返ってこない人のことです。

 話を聞いているのか、聞いていないのか、よくわからない返事は、話し手の気持ちを萎えさせてしまいます。

反応が薄い人の特徴、心理

感情を表に出す(リアクションをとる)のが苦手

 照れ屋な人や不器用な人は、人前で感情を出すのが苦手です。大きなリアクションをすることで、周りの人から、どう思われるかが怖いという思いがあります。

 そのため、反応が小さくなってしまうので、話し手からは反応が薄い人と思われがちです。

落ち着いている

 感情の起伏が激しくなく、一定しているので、それが周りの人からすれば、リアクションが薄いと感じてしまいます。

 本人はしっかりとリアクションしているつもりでも、周りからは反応が薄いと思われているケースがあります。

人の話に興味がない

 人の話に興味がない人は、自分が話しているときはテンションが高いのですが、相手の話を聞く番になると、テンションが下がってしまいリアクションが薄くなります。

 このような人は、相手が話している最中に、自分が話すタイミングを伺っているため、話半分になっていることがあります。

自分以外の人に興味がない

 自分の世界がしっかりとあって、他人がどこで何をしていようが、興味がない人がいます。

 このような人は、面倒なことに巻き込まれてなくて、自分の世界観が壊されなければ、後はどうでもよいと考えています。

 どうでもよいので、反応が薄くなります。

反応が薄い人との接し方

相手の目をじっと見て話す

 相手の目をじっと見て話すことで、あなたが、熱心に話していることが伝わります。

 緊張感を持たすことで、人の話に興味が無い人でも、しっかりと反応しないと不味いという雰囲気を作りましょう。

 目を見ることで、小さなリアクションにも気づくことができます。

リアクションを求めない

 リアクションが薄い人に対して、無理に反応を求めるのはやめましょう。

 相手はリアクションをしているつもりかもしれませんし、リアクションが小さいだけで話をしっかりと理解していることもあります。

 「わかった?」「聞いてた?」と何度も聞くと、相手を不快にさせてしまうことがあります。

反応が薄い人と言われないために

熱意が伝わる反応の仕方 

 熱意がないわけでもないのに、人から反応が薄いと言われたことがある人は、相槌を意識してみましょう。

会話例「反省会」

Aさん)「今回、契約をもらえなかったのは、提案の弱さにあったと思うんだ」

Bさん)「うん」

Aさん)「次に、訪問するときは、提案の仕方を抜本的に見直す必要性を感じてるんだ」

Bさん)「あぁ…」

Aさん)「資料をコンパクトにまとめてみよう」

Bさん)「そうだねぇ…」

 

 Bさんの反応が薄いため、Aさんは、一生懸命に話をしていても気持ちが萎えてしまいます。

「オウム返し」で相槌を入れる

Aさん)「今回、契約をもらえなかったのは、提案の弱さにあったと思うんだ」

Bさん)「うん。提案の弱さか…」

Aさん)「次に、訪問するときは、提案の仕方を抜本的に見直す必要性を感じてるんだ」

Bさん)「あぁ。抜本的な見直しだね」

Aさん)「今日の情報を元に資料をコンパクトにまとめてみよう」

Bさん)「資料をコンパクトにまとめる方法か、そうしよう」

 

 オウム返しで相槌を入れることで、Bさんの熱意が感じられるようになりました。

 特に自分の意見を話しているわけではないですが、身を乗り出して聞いているようなイメージが伝わってきます。

その他の表現

 他にも、「別に…」「どっちでも…」という言葉も、どうでもいいという気持ち感じさせる一言です。

 

会話例「恋人との会話」

彼女「これから、どうする?映画を観に行く」

彼氏「別にいいけど…」

彼氏の反応は無関心な印象を与えます。

気持ちを込めた言い方に変えてみます。

彼氏「どちらでも構わないけれど、君はどうしたい?」

 

彼女「中華にする?和食にする?」

彼氏「う~ん、どっちでもいいけど…」

気持ちを込めた言い方に変えてみます。

彼氏「全面的に君に任せるよ」

 話を聞くときは「私はあなたの話を聞いています」という雰囲気が伝わるように心がけましょう。その方がお互いに気持ち良く過ごせます。

本日のまとめ

①反応が薄い人の特徴

・感情を表に出すのが苦手

・落ち着いている

・人の話に興味がない

・自分以外の人に興味がない

②反応が薄い人との接し方

・相手の目をじっと見て話す

・リアクションを求めない

③反応が薄い人と言われないために

・相槌を「オウム返し」にする