WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【学校では教えてくれない】会話が弾む挨拶とは?朝の挨拶は「おはよう+α」。

挨拶をする人

朝、出勤して「おはようございます」と声をかけたら、PCやスマホを見ながら「おはよう・・」。挨拶が返ってくるならまだ良いほうで、無反応な人もいます。今回は挨拶をしない人の特徴と接し方を解説した上で、会話が弾む挨拶の仕方を紹介しています。

 

挨拶をしない人の特徴

周囲との関係が不安

 自分は周囲からどう見られているのだろうと、常に周りの目を気にしているタイプの人です。

 自分から挨拶をしたところで、冷たい反応や無視をされるかもしれないと不安に思っています。

 そのため、挨拶するタイミングで躊躇してしまいます。

恥ずかしい

 内向的でシャイな人に多く、挨拶することの大切さは理解していても、恥ずかしくて実行をすることができません。

 特に相手が離れた場所にいるときは、挨拶をすることで、他の人にも注目をされたらどうしようと不安になります。

大切さを理解していない

 挨拶をすることの大切さを理解していないために、自分から挨拶をしない人がいます。

 このタイプの人は、挨拶をされれば反応をしますが、軽く頭を下げるだけというように、相手の印象は良くありません。

 本人に悪意はありませんが、周囲からは誤解をされてしまいます。

挨拶をしない人への接し方

笑顔で挨拶を続けて会話をしてみる

 相手が挨拶をするかどうかに関わらず、笑顔で挨拶を続けてみます。

    こちらから挨拶をすることは、少なくとも相手を嫌っていないという気持ちが伝わります。

 少しでも会話ができるようになれば、自然と挨拶をしてくれるようになるでしょう。

挨拶をしない人と割り切る

 挨拶をしない人と割り切ることも対処法の一つです。

 間違っても挨拶をしないからといて、注意をしないようにしましょう。

    逆上されて、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 挨拶をしてもらえないことは、悲しいことですが、気にしないようにしましょう。

会話が弾む挨拶をしよう

    朝、「おはようございます」と挨拶をしても、

スマホを見ながら、

顔も見ずに「おはよう‥」と言う人。

 

声を出さずに軽く会釈をするだけの人。

 

無反応な人。

   

    朝から淋しい気持ちになってしまいますね。

   挨拶をしても反応が薄いから、もうどうでもいいと思う前に、挨拶の仕方を変えてみませんか?

   朝から会話が弾む挨拶の仕方を紹介します。

朝の挨拶は「おはようございます+α」

+天気の話題

「おはようございます。今日は暑くなりそうですね

「おはようございます。梅雨入りしたみたいですね

+タイムリーな話題

「おはようございます。昨日のサッカー日本が勝ちましたね

「おはようございます。週末のキャンプ楽しめました?

+ポジティブな気遣い

「おはようございます。〇〇さん、朝からうれしそうですね。何かあったんですか?

 

 このように、朝の挨拶を「おはようございます」の一言で済ますのではなく、プラスα加えてみてください。

   朝一番を楽しい会話から、スタートすることができます。

 

言葉を加えることができなくても‥

+笑顔

笑顔は、その場にいる人を癒してくれます。

+アイコンタクト

目を合わせるのと、合わせないのとでは全く印象が変わります。

+名前を呼ぶ

〇〇さん、おはようございます」

名前を呼ばれると、その相手に親近感を持ちます。

 「おはようございます」に言葉を加えることができなくても、態度や名前を加えるだけでも、好印象を与えることができます。

 

 「おはようございます+α」は、「おはようございます」を「こんにちは」「お疲れ様です」などに変えれば、いつでも使うことができます。

本日のまとめ

挨拶をしない人の特徴

・周囲との関係が不安

・恥ずかしい

・大切さを理解していない

 

「おはようございます」に

・天気の話題

・タイムリーな話題

・ポジティブな話題

を付け加えることで、コミュニケーションが広がる。

言葉を付け加えることができなくても

・笑顔

・アイコンタクト

・名前を呼ぶ

だけでも、印象が良くなる。