WAKATU(話活)のススメ

~話し方で道は開ける~楽しい人生は話し方が9割。presented by WAKATUの広場

【人たらしの人の特徴】人たらしになるには?質問力を身につけよう

人たらしの人の特徴を解説しています。そして人たらしになるコツと会話術を紹介

人たらしとは、誰とでも円滑なコミュニケーションを取ることができる上、とても慕われる存在の人のことを指します。本日は、人たらしの人の特徴を解説しています。そして人たらしになる方法を紹介しています。

 

人たらしの人の特徴

いつでも笑顔

 人たらしの人はいつでも笑顔です。いつでも、分け隔てなく、誰とでも笑顔で話している人は素敵ですよね。

 愛嬌のある笑顔は自然と周囲を惹きつけているものです。

 どんなときでも笑顔は、人から信頼されるための大切なポイントにもなります。

 笑顔は、人たらしと言われる人の最大の共通点といっても過言ではないでしょう。

リアクションが良い

 リアクションが良いというのも、人たらしの人の特徴です。

 人たらしの人は空気を読むのが得意です。そのためノリの良さも持っています。

 喜んでいる時は思いっきり笑顔になったり、楽しい時は子供のように無邪気に笑ったり、驚いた時は目を見開いたり、いつも表情豊かです。

 リアクションの良さから人が集まるところでは、人たらしの人がムードメーカーのような役割をすることがあります。

 無邪気で愛嬌のある反応が周囲から愛される理由にもなっています。

気配り上手

 気配りが上手なのも人たらしの人の特徴の1つです。

 人たらしの人はやわらかい雰囲気があるので、ゆったりとしているように見えますが、実は周囲のことをよく観察して常に気を配っています。

 例えばグループ行動をしていて不満が出た場合、さりげなくフォローにまわりグループ内が険悪な雰囲気になることを避ける行動をとります。

 小さなことも見逃さないくらい鋭い観察力や洞察力を持っているからこそ、周囲の人に対する誠意ある行動をしたり、相手の求めているものを与えたりする気配りに長けているのです。

人たらしになるには?

褒め上手になる

 人たらしの人は、観察力が鋭いので「そこ見ているの!?」と思うような部分を褒めてくることがあります。

 例えば、仕事で良い結果を出したとき、大抵の人は結果について褒めるでしょう。

 しかし、人たらしの人は、良い結果を出すまでに至った“努力”を褒めるといった、独自の目線をもっています。

 もし、そういった観察力をすぐに身につけるのは難しいという場合は、「さすがですね!」「知らなかったです」「すごい!」「センスがいいですね」「そうなんですね!」の頭文字をとった「さしすせそ」の会話術を使ってみてはいかがでしょうか。

 使い古された「よいしょ」、と感じるかもしれませんが、人たらし効果は絶大です。

※褒め上手になるコツについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

約束はしっかり果たす

 人たらしを目指すなら、どんなに小さな約束でも守りましょう。

 たとえば、「〇〇に行こう」「今度〇〇でご飯食べよう」など、軽い気持ちで言うことはありませんか?

 言った側は、社交辞令のつもりだったかもしれませんが、相手は「約束を破られた」と不快な思いになることもあります。

 人たらしになるには、自分の発言に対してしっかりと責任を持つことが大切です。

身近な人の変化にはすぐ気づく

 人たらしの人は、自分を最優先とすることがありません。いつも周囲にいる人のことを優先させ、ナチュラルなコミュニケーションを取っています。

 そのため、相手の些細な変化に気付くことが多く、困っていたら手を差し伸べるような存在です。

 変化に気づくためには、まずは周りの人に興味を持つことです。

 興味をもって接するからこそ、「髪を切った」「新しい服を身につけている」といった変化にすぐ気がつきます。

 些細な変化に気づいてもらえると、好意的なんだなと思えて嬉しいですよね。

 人が嬉しいと思うことを率先して行うことが、人たらしになる第一歩と言えるでしょう。

質問力を身につけよう

ポイントは質問の仕方

 ビジネス書やコラムで「質問力」という言葉を見かけたことはないでしょうか。

 よい質問は会話を広げ、相手との距離を縮めたり議論を深めたりすることにつながると注目されています。

 質問というのは「あなたに興味がある」というメッセージでもあり、相手を喜ばせ、好印象を抱いてもらえるからです。

 

 ただ、質問をすればOKというものではありません。

 質問は大きく2つに分けることができ、それぞれ「クローズド・クエッション」「オープン・クエッション」と呼ばれています。

 クローズト・クエッションは「朝食は食べてきましたか?」というような、YES・NO、またはひと言で回答できる質問のことです。

 クローズト・クエッションは、ときに尋問のようになってしまってなかなか会話は広がらないことがあります。

 

 それに対し、オープン・クエッションは

○「朝食はどんなものが好きですか?それはなぜ?」

といった、相手が自由に話せる質問を指します。

 言ってみれば、クローズト・クエッションは「私がしりたい」、オープン・クエッションは「あなたを知りたい」ということになります。

 どちらが相手にとってうれしいかは一目瞭然です。

 以下はオープン・クエッションの例です。

 

「オープン・クエッションは5W1Hを使う」

When

・いつその映画をみたのですか?

 

What

・あなたが好きな映画はなんですか?

 

Where

・どこでその洋服を買ったのですか?

 

Why

・なぜその映画が好きなのですか?

 

Who

・誰とよく飲みに行くのですか?

 

How

・どうやってその商品を手に入れたのですか?

 

人たらしになるには、質問の仕方を押さえておくことが大切です。

 

※オープンクエッションについては、こちらでわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

www.wakatusmile.com

 

本日のまとめ

 

人たらしの人の特徴

・いつでも笑顔

・リアクションが良い

・気配り上手

 

人たらしになるコツ

・褒め上手になる

・約束はしっかり果たす

・身近な人の変化にはすぐ気づく

 

人たらしになるための会話術

ポイントは質問の仕方にある。オープン・クエッションを使うとよい。