WAKATU(話活)のススメ

楽しい人生は話し方が9割。

【真のカリスマになる方法】カリスマ性のある人の特徴と身につけるコツを紹介

カリスマ性のある人の特徴や共通点と身につける方法について解説。

カリスマ性のある人に憧れるている方もいらっしゃると思います。本日は、カリスマ性のある人の特徴と身につけるためのポイントについて解説しています。そして、真のカリスマになるための方法を紹介しています。

 

カリスマ性のある人の特徴

感謝の心を持っていて、人望がある

 カリスマ性がある人は、周囲の人に対して感謝する心を持っています。

 自分が優れているからと天狗になることなく、周囲に対して優しい対応をすることができます。

    周囲の人を気にかけているので、人望が自然と得られます。

 他人を受け入れる器が大きく、思いやりを持っているので、自然と周りの人が「○○さんのために動きたい」と思うようになるのでしょう。

 また、人を信頼して任せることができるので、周りを巻き込んで大きな物事を実現していけるのです。

言動に一貫性がありブレない

 カリスマ性のある人は、仕事においてもプライベートにおいても、日頃話している内容と実際の行動に一貫性があり、ブレることがありません。

 自分に自信があるので、周囲の人に流されることなくしっかり自らの意見を主張できます。

 人の意見に応じてコロコロと発言が変わる人は、信頼されませんよね。

    ブレない自分を持っていることは、カリスマ性において非常に大切な要素となります。

 自己がしっかりと確立されているため、他人の意見にふらふら振り回されることはありません。

 言葉と行動が一致していることで、周りからは信頼されやすくなります。

自信があり堂々としている

 カリスマ性がある人は、自分に対する強い自信を持っています。

 ですから、自己肯定感も強く、自分を卑下するようなことは口に出しません。

    常に堂々としており、周りに対して安心感を与えることができる人間です。

 カリスマ性がある人は「自信がないなら実績を出せばいいし、努力すればいい」という考え方ができる人が多いです。

 そうした考え方で培ってきた自信は、独特の華やかなオーラを醸し出すようになり、堂々とした存在感が出てくるのです。

カリスマ性を身につけるためポイント

会話力を高める

 カリスマ性のある人になるための、最重要項目は「会話力」を高めることです。

 会話力があり、コミュニケーション能力に優れていれば、カリスマ性も自然と高まっていくのです。

 まずは、自分の思っていることや考えを相手にわかるように伝えてみましょう。

 これまでの人生で、自分の考えや気持ちを伝えることを難しく感じていた人には、大きなハードルかもしれませんが、相手もあなたの考えや気持ちを知りたいと思っているのです。

 お互いの気持ちや考え方がわかって初めて、コミュニケーションが成立するのです。

 それぞれが、貴重なアイデアや考え方をもっているのですから、まずは自分の意思や意見をはっきり相手に伝えることから初めてみましょう。

自分磨きをして自信をもつ

 カリスマ性のある人は、常に自信を持っています。周囲の人からしても、一目瞭然、自信を持っていることが分かるのです。

 たとえば、格好悪い服を着ている時と、お気に入りの素敵な服を着ている時ではどちらが気持ちや気分があがるでしょうか。

 衣服はただ単に体を覆うだけでなく、自信をもたせてくれるものでもあるものです。

 服装がきまっていれば、気分も高揚するのです。

    さらに言えば、着たいデザインの服をすんなりと格好良く着られる体型を保つのも大いに自信に繋がります。

 もちろん、外見だけでなく、実力を身につけて自信を持てるようにすることも大切です。

 実力が伴わない自信は、マイナス要因にもなりかねません。

    しっかりと、知識とスキルを習得することが大事です。

真のカリスマになる方法

 カリスマ美容師、カリスマスタイリスト、カリスマ弁護士、カリスマ料理人、カリスマ塾講師、カリスマ販売員、カリスマ占い師など、みなさん、その分野で卓越した技能や能力を持っていることは間違いありません。

 「カリスマ」というのは、誰もが憧れる存在でしょうが、それとは別にカリスマと呼ばれる人たちすべてに共通した、これまた優れた能力があります。

 それは「聞き上手」という点です。

 お客さん、相談者の話…たとえば希望、悩み、困っていることなど、すべて熱心に耳を傾けます。

 時に仕事とは関係のない話題にもなりますが、だからといって

×「それは私の立場では解決できません」

 といったツッケンドンな受け答えはしません。

 カリスマ美容師に、「亭主とケンカしちゃって」とグチをこぼすお客さんもいます。カリスマ料理人に、「上司と衝突しちゃって」と悩みを漏らす人もいます。

 カリスマ美容師は髪の手入れはできますが、夫婦喧嘩の仲介をするわけにはいきません。

 カリスマ料理人は美味しい料理を作れますが、他人の上司との関係について話されても困ります。

 しかし、顔を背向けたり、耳を塞いだりするのではなく、熱心に相手の話に耳を傾けるのです。

 この「人の話をよく聞く」という態度が、「誠実な人柄だ」「包容力のある人だ」という印象になります。

 卓越した技能や能力だけでは足りません。これに「聞き上手」という特徴が加わって、その人は「真のカリスマ」になるのです。

本日のまとめ

カリスマ性のある人の特徴

・感謝の心を持っていて、人望がある

・言動に一貫性がありブレない

・自信があり堂々としている

 

カリスマ性を身につけるためポイント

・会話力を高める

・自分磨きをして自信をもつ

 

真のカリスマになる方法

・聞き上手になること